フロントライン編集部の記事一覧

    フレックス、実は過酷労働でした
    「柔軟」なのは響きだけ

     職場の柔軟性を高めることは労働者と会社の双方に良い効果をもたらすという考え方が広まって久しいが、最近はその揺り戻しが起きているようだ。 社外週末も上司から連絡  クリ...

    「ロード&テイラー」格安販売に参入
    ブランド品の割引競争、激しく

     老舗百貨店「ロード・アンド・テイラー」(Lord & Taylor)が、ブランド品を割引価格で販売するオフプライス店市場に参入する。  10月25日付のウォールストリート・...

    そのサーモン本当に「ワイルド」?
    レストランで産地偽装が横行

     この冬は、レストランで高い値段のついたワイルド・サーモンの料理を頼むなら、もう一度よく確認したほうがいい。産地偽装の可能性が高いからだ。  10月28日付のUSAトゥデイの...

    「飼い犬に撃たれる」事件が続出
    銃社会もここまできたか!

     10月末、「トリガー」という名のチョコレート・ラブラドールが、狩猟旅行中にインディアナ在住の女性の足を誤って撃つ、という事件が報じられた。  10月27日付のワシントン・ポ...

    秋の味覚、ダンジネス・クラブ
    神経毒の脅威で解禁遅れか?

     サンフランシスコの秋の味覚、ダンジネス・クラブの漁のシーズンが始まったが、今年は神経毒への懸念により、解禁が遅れそうだ。  11月2日付サンフランシスコ・クロニクルの記事(...

    H-1Bビザ、大手アウトソーシング会社が独占
    〜普通の米企業は対抗できず

     外国人の特殊技能者向けに発行される短期就労ビザ(査証)「H-1B」は、現在は発行枠のほとんどがシステムを熟知した一部の国際アウトソーシング大手に渡っており、一般の米企業が制度を利...

    ホワイトカラーもタイムカード
    残業規定改正で、使用復活へ

     米政府が早ければ2016年から残業手当の適用を拡大することで、対象となる従業員約500万人が長らく遠ざかっていたタイムカードの再使用を強いられることになりそうだ。  ウ...

    宅配激増にアパート大家泣く
    賃貸暮らし、ネット購入の増加で

     賃貸アパート暮らしの増加とオンライン・ショッピングの普及という二つの流れを受けて、アパートの大家が大量に届く小包の取り扱いに苦慮している。  ウォールストリート・ジャーナル...

    「クラフトビール」とはもう言えない?
    大手が地ビール醸造所を続々買収

     クラフトビールの人気の高まりに伴い、大手ビール会社による中小クラフトビール醸造所の買収が増えている。  10月11日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Craft brews...

    シーワールドのオルカのショー
    繁殖禁止命令で打撃、終わりか?

     カリフォルニア州サンディエゴのテーマパーク「シーワールド」は、数十年にわたって、オルカ(シャチ、シャムー、キラーホエールとも呼ばれる)の曲芸「One Ocean Shamu ...

    シャツの裾をズボンに入れる
    そんな彼は「前向き」な性格?

     シャツの裾をズボンの中に入れる(タックする)スタイルを好む男性は、総じて前向きで外交的な生き方をする傾向にあるという調査報告を、下着メーカー大手のフルート・オブ・ザ・ルーム(...

    ホリデーシーズンにおすすめ
    2015 年末年始ギフトスペシャル

    日本にいる家族や、お世話になった人たちに、今年は何を贈ろうかな…。迷ったときは、こんなギフトはいかがですか?...

    まだ間に合う!30分で出来るアメリカ永住権抽選プログラムの応募方法

    先日ご紹介した「アメリカ永住権が抽選で当たる! 「DV-2017」応募開始、11月3日まで」 ですが、2015年11月3日正午(アメリカ東部標準時間)までインターネットで...

    干ばつ続き、桜も枯れた・・・
    ロサンゼルス近郊バルボア湖名物

     約四半世紀にわたり、ロサンゼルス近郊サンフェルナンドバレーにあるバルボア湖の湖畔を毎春彩ってきた桜の木が、消滅の危機に瀕している。  9月30日付ロサンゼルス・デイ...

    仕事してても、ホームレス・・・
    シリコンバレー、家賃払えない

     カリフォルニアのシリコンバレーでは、フルタイムで働いているにもかかわらず、家賃が払えずにホームレスになる人が増えている。その中には、ハイテク企業に勤める高給取りの社員...

    フニペロ・セラの「聖人化」に怒り?
    「先住民の虐殺者」銅像に落書き

     9月末に初めてアメリカを訪れたローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、各地で大きな歓迎を受けた。しかし訪米に合わせて、フニペロ・セラ神父(Junipero Ser...

    銃乱射事件に揺れるオレゴン
    それでも「銃文化」根強く

     10月1日、オレゴン州ローズバーグのアンプクワ・コミュニティー・カレッジで銃乱射事件が起き、9人が亡くなった。悲嘆に暮れる地元だが、保守的で銃の所有者が多く、早くも、...

    シアトルに第2の工科大開校
    2016年秋、米中の大学が提携

     
ワシントン州シアトルで、地元のワシントン大学と中国の名門研究大学である精華大学が提携し、ハイテク経済に必要な教育基盤の強化を目的に新しい工科大学を開設する。  6月11日...

    インド人CEOが増える理由
    技術系、謙虚さとプロ意識共存

     「アロラ」「メフロトラ」「ジャー」「ナラヤン」「スリ」「ナデラ」「ピチャイ」という言葉が何を意味するのかを分かる人は、米技術業界の事情に詳しい部類に入るだろう。  これらは...

    クラフトビール、ブームは続く
    ロサンゼルス経済に与える影響大

     ロサンゼルス・タイムズの9月18日付の記事("Craft brewing could be the next boom industry in Los Angeles Cou...
ページ上部へ戻る