ジェイ・ルービン「村上春樹から”日々の光”まで」ニューヨーク講演会、4月21日

 村上春樹の小説の翻訳で欧米人に広く知られる、ジェイ・ルービンの講演会「村上春樹から“日々の光”まで」が、ニューヨークで開かれる。

Jay Rubin Headshot

 ワシントン大学、ハーバード大学で日本文学教授を歴任。2006年からハーバード大学名誉教授。現在も、村上春樹のほか、近・現代作家を中心に翻訳と執筆活動を続けている。シアトル近郊に在住。第2次世界大戦時代のシアトルを舞台にした自身の小説「The Sun Gods」は2015年にアメリカでまず出版され、続いて日本でも、柴田元幸と平塚隼介による翻訳で「日々の光」として新潮社から出版された。

 25年間にわたる豊富な翻訳の経験と、昨年出版した自身の小説「日々の光」に於ける、村上文学からの影響などについて話す。講演は英語で、質疑応答およびディスカッションは英語と日本語を交えて行われる。

 アメリカ紀伊國屋書店の協力で、当日、「日々の光」の書籍販売、サイン会もある。

Book Cover 日々の光 Jay Rubin

◾️日時:4月21日(木)7pm
◾️会場:日本クラブ2階ローズルーム (145 West 57th Street, New York, NY 10019)
◾️参加費:一般20ドル、会員15ドル (ドリンク1杯つき)
◾️申し込み:内藤(212-581-2223、hnaito@nipponclub.org)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  2. 2016-12-5

    第20回 「ロゴはポートランドで起業」

    2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...
  3. 2017-3-4

    カブと豚ひき肉の カレー煮 ミツバと明太子のだし巻き卵

    旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  4. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  5. 2016-9-5

    子役の演技にぶっ飛ぶ 「Pete’s Dragon」 (8月12日公開)

    1977年にディズニーが製作した実写とアニメの同名合成映画のリメイクとなる本作は、ドラゴンと...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る