食を通した「脳力」開発プログラム体験会が開催

栄養療法関連サービスを行うオープン・ラボラトリー(中村洋一郎代表)は人材紹介業のアクタス・コンサルティングと協力してメディア向けの無料体験会をニューヨークで開催した。

現在食べている食事が明日のパフォーマンスを左右する。企業パフォーマンスを最適化するため社員の食事をマネージメントする必要性を説いている。

オープン・ラボラトリーでは企業向けの健康経営コンサルティングや栄養療法ワークショップ、個人向けカウンセリングなどを行っている。脳力開発プログラムは評価・ミーティング・チャレンジ&サポートの三要素で構成される60日プログラムを提供している。

同社は設立から半年にも関わらず、日本ではDeNAやチャレンジといった先進企業への導入されている。ヘルスケアコスト削減効果も見込めるため、日系企業を中心に米国でも導入検討が進んでいる。

将来的には一般個人向けサービス展開も視野に入れている。

■詳細:www.open-laboratory.com

logo_1_block

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-7-2

    第105回 対犬タイプ

    散歩中に、前方から初対面の犬と飼い主が全速力で走り寄って来て、どきどきした飼い主もいるでしょ...
  2. 2016-9-2

    第165回 ポケモンGO

     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  3. 2017-8-5

    第106回 Dementia(認知症)

     愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  4. 2018-2-7

    第65回 学校の環境とそこでの出会い

    2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  5. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る