食を通した「脳力」開発プログラム体験会が開催

栄養療法関連サービスを行うオープン・ラボラトリー(中村洋一郎代表)は人材紹介業のアクタス・コンサルティングと協力してメディア向けの無料体験会をニューヨークで開催した。

現在食べている食事が明日のパフォーマンスを左右する。企業パフォーマンスを最適化するため社員の食事をマネージメントする必要性を説いている。

オープン・ラボラトリーでは企業向けの健康経営コンサルティングや栄養療法ワークショップ、個人向けカウンセリングなどを行っている。脳力開発プログラムは評価・ミーティング・チャレンジ&サポートの三要素で構成される60日プログラムを提供している。

同社は設立から半年にも関わらず、日本ではDeNAやチャレンジといった先進企業への導入されている。ヘルスケアコスト削減効果も見込めるため、日系企業を中心に米国でも導入検討が進んでいる。

将来的には一般個人向けサービス展開も視野に入れている。

■詳細:www.open-laboratory.com

logo_1_block

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-2

    睡眠の質を追求するマットレス ベッド文化のアメリカで勝負賭ける

    なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  2. 2017-1-1

    「日本の伝統文化、歌舞伎を日本人にも 外国の人にも親しんでもらえるように」

     11月末、ハリウッド恒例のクリスマスパレードが行われた日、中心地にあるチャイニーズシアター...
  3. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  4. 2013-10-5

    シリーズ世界へ! YOLO⑭ Pura Vida! コスタリカ 前編

      Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  5. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る