沖縄の現実を撮り続ける
石川真生さんがNYでイベント開催

沖縄を生き、沖縄を撮り続ける写真家、石川真生。黒人バーで働く女性たちととGI たちを捉えた 1970 年代のデビュー作『熱き日々in キャンプハンセン!!』から、現在進行中のプロロジェクト 『大琉球写真絵巻』にいたるまで、沖縄が置かれる現実に真正面から迫りながら、独特の人間 愛、風刺、ユーモアに満ちた表現で作品発表ごとに大きな話題を呼び、また、トークでも卓抜な語り口で多くのファンをひきつけている写真家。

その石川真生がNYの出版社Session Pressによる写真集『赤花 アカバナー沖縄の女』出版と国際写真アートディーラー協会(AIPAD)主催の写真展への出展を機にニューヨークを訪れることになり、滞在中、以下の 4 つのイべントが開催される。

1) 写真集『赤花 アカバナー 沖縄の女(Red Flower The Women of Okinawa)』出版記念サイン会

■日時:3月28日 6:00pm~8:00pm
■会場:Dashwood Books(33 Bond St., New York, NY 10012)
■詳細:https://www.facebook.com/events/170628340094766/

2) シンポジウム沖縄を生きる:石川真生+てい子 与那覇 トゥーシー+島袋まりあ
沖縄戦サバイバーで県任命の沖縄大使のてい子 与那覇 トゥーシーと、ウチナーンチュ2世でニューヨーク大学東アジア研究助教所の島袋まりあを加え、沖縄を担って生き、活躍中の異なる世代の3人の女性が、それぞれの「沖縄」を語る。

■日時:3月31日 6:30pm~8:30pm 入場無料
■会場:New York Universiy(19 University Place at 8th St., room 102, New York, NY, 10003)
■詳細:https://www.facebook.com/events/1685264331772809/
■問い合わせ:MaoIshikawaInNY@gmail.com

3) トーク 石川真生の沖縄タイム『熱き日々in キャンプハンセン!!』と『大琉球写真絵巻』の作品紹介とトーク

■日時:4月1日 12:15pm~2:30pm 入場料:10 ドル
■会場:CRS(123 4th Ave., New York, NY 10003)
■詳細:https://www.facebook.com/events/1653477164949003/
■問い合わせ:MaoIshikawaInNY@gmail.com

4) 国際写真アートディーラー協会(AIPAD)-Photography Show, 2017 Nap Gallery を通して沖縄の3人の写真家、平敷兼七、石川真生、石川竜一の作品と作品集を出展。

■日時:3月30日〜4月2日
■入場料:1日券 一般30ドル、学生20ドル
■会場:Pier 94(711 12th Ave., New York, NY 10019)
■詳細:https://aipadshow.com/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  2. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  3. 2017-7-1

    ロサンゼルスの元敬老ホームのその後 日本のテレビが関係者に現地取材敢行

    本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...
  4. 2016-11-17

    「この映画を作れば 捕鯨は理解してもらえる、という一心」

     和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...
  5. 2017-3-1

    現地取材 レポート 今、全米が注目! テキサス最新事情

    ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る