沖縄の現実を撮り続ける
石川真生さんがNYでイベント開催

沖縄を生き、沖縄を撮り続ける写真家、石川真生。黒人バーで働く女性たちととGI たちを捉えた 1970 年代のデビュー作『熱き日々in キャンプハンセン!!』から、現在進行中のプロロジェクト 『大琉球写真絵巻』にいたるまで、沖縄が置かれる現実に真正面から迫りながら、独特の人間 愛、風刺、ユーモアに満ちた表現で作品発表ごとに大きな話題を呼び、また、トークでも卓抜な語り口で多くのファンをひきつけている写真家。

その石川真生がNYの出版社Session Pressによる写真集『赤花 アカバナー沖縄の女』出版と国際写真アートディーラー協会(AIPAD)主催の写真展への出展を機にニューヨークを訪れることになり、滞在中、以下の 4 つのイべントが開催される。

1) 写真集『赤花 アカバナー 沖縄の女(Red Flower The Women of Okinawa)』出版記念サイン会

■日時:3月28日 6:00pm~8:00pm
■会場:Dashwood Books(33 Bond St., New York, NY 10012)
■詳細:https://www.facebook.com/events/170628340094766/

2) シンポジウム沖縄を生きる:石川真生+てい子 与那覇 トゥーシー+島袋まりあ
沖縄戦サバイバーで県任命の沖縄大使のてい子 与那覇 トゥーシーと、ウチナーンチュ2世でニューヨーク大学東アジア研究助教所の島袋まりあを加え、沖縄を担って生き、活躍中の異なる世代の3人の女性が、それぞれの「沖縄」を語る。

■日時:3月31日 6:30pm~8:30pm 入場無料
■会場:New York Universiy(19 University Place at 8th St., room 102, New York, NY, 10003)
■詳細:https://www.facebook.com/events/1685264331772809/
■問い合わせ:MaoIshikawaInNY@gmail.com

3) トーク 石川真生の沖縄タイム『熱き日々in キャンプハンセン!!』と『大琉球写真絵巻』の作品紹介とトーク

■日時:4月1日 12:15pm~2:30pm 入場料:10 ドル
■会場:CRS(123 4th Ave., New York, NY 10003)
■詳細:https://www.facebook.com/events/1653477164949003/
■問い合わせ:MaoIshikawaInNY@gmail.com

4) 国際写真アートディーラー協会(AIPAD)-Photography Show, 2017 Nap Gallery を通して沖縄の3人の写真家、平敷兼七、石川真生、石川竜一の作品と作品集を出展。

■日時:3月30日〜4月2日
■入場料:1日券 一般30ドル、学生20ドル
■会場:Pier 94(711 12th Ave., New York, NY 10019)
■詳細:https://aipadshow.com/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  2. 2017-7-1

    ロサンゼルスの元敬老ホームのその後 日本のテレビが関係者に現地取材敢行

    本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...
  3. 2015-5-20

    裏ななつ星紀行~高野山編 第一話

     子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  4. 2017-7-4

    第50回 いつか帰りたい

    あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...
  5. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る