折原美樹ソロコンサート

来る4月28日と29日、ラガーディア・パフォーミング・アーツ主催による折原美樹さんのソロコンサート「共鳴」が、同パフォーミングアーツセンターで開催される。

折原さんは1979年、ニューヨークに渡り、83年にマーサ・グラハムアンサンブル結成時にメンバーとなり、87年グラハム舞踊団に入団、プリンシパrダンサーとして現在に至っている。今回の公演は、2014年に続き2度目のソロコンサート。

「私のサブテーマ『温故知新』。アメリカのダンスパイオニアの作品を未来に伝えていきたい思いから、初めてのソロコンサ-トを共鳴(Kyomei)- Resonanceと題して30年代グラハム作品をはじめ70年代ホセ・リモン、70年代後半マーサ・クラークそして若手アダム・バラックの作品と自作を 2014年ラ・ママで発表した。今回は、アメリカポストモダンの重鎮マース・カニングハムの作品,アメリカン・コンテンポラリー・ダンスの先駆的存在であるラー・ルボヴィチの作品、狂言師であり役者である石田淡朗と折原の初コラボレーション新作、若手シャルロット・グリフィンの新作では大江千里氏のオリジナル曲でのソロを発表する。Resonance IIでは、アブストラクトなモダンダンス、コンテンポラリーダンスに挑戦する」と折原さんは、今回の公演の概要について語っている。

■日時:4月28日 8:00pm 29日3:00pm
■会場: LaGuardia Performing Arts Center
31-10 Thomson Ave. Long Island City, NY 11101
■チケット:20ドル
■問い合わせ:(718)482-5151/kyomei.info@gmail.com
■詳細:www.jpac.nyc/events

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-3-1

    第46回 黙って読む教科書

     数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくなるのを見...
  2. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  3. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  4. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  5. 2016-11-2

    第97回 The Sato Project

     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る