日本代表のユニファ、Startup World Cupで優勝

世界最大級のグローバルスタートアップコンテスト「STARTUP WORLD CUP」のグランドフィナーレが3月24日にサンフランシスコで開催された。
世界12カ国15地域の各予選を勝ち抜いたファイナリスト達が、著名投資家が名を連ねる審査員に向け英語でプレゼンテーションを行なった。

見事優勝に輝いたのは日本代表のユニファ。ユニファは「Unify(一つにする)+Family(家族)」という社名の由来の通り、IoTを活用して家族コミュニケーションを豊かにするポータルメディアを提供する。
プレンゼーションでは園児見回りロボット「MEEBO」を紹介し、IoT(モノのインターネット)を活用した「スマート保育園」のビジネスモデルを審査員に訴求した。
優勝したユニファは100万米ドルの投資を受ける権利を獲得し、今後の世界展開が注目される。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  2. 2013-10-5

    シリーズ世界へ! YOLO⑭ Pura Vida! コスタリカ 前編

      Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  3. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  4. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  5. 2017-7-4

    第50回 いつか帰りたい

    あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る