NYで芸妓と舞妓の写真イラスト展「花街の女性たち」を開催

10月19〜29日、マイケル・グリンバーガー氏の作品である芸妓と舞妓の写真イラスト展「花街の女性たち」がニューヨークで開催される。展示会場は、イーストビレッジにある抹茶専門店「雪月華」。

マイケル・グリンバーガー氏は現在、School of Visual Artsで美術を学びながらメトロポリタン美術館に勤務している。彼は芸妓と舞妓を描いた浮世絵やその物語に惹かれ、日本への短期留学と3度にわたる京都での滞在を通して造形を深めてきた。写真やイラストによって、その美しさを多くの人に伝えたいと考え、今回初の個展を開催する運びとなった。

細やかな線で描かれた芸妓・舞妓の豊かな表情のイラストや、自然な光のもとに撮影された美しい女性たちの写真に囲まれていると、まるで京都にいるような気分を味わえる。

週末には「花街の女性たち」をより深く理解するために、グリンバーガー氏によるトークショー(英語のみ)も行われ、特製ポストカードがもらえるほか抹茶も堪能できる。

マイケル・グリンバーガー 芸妓と舞妓の写真イラスト展「花街の女性たち」
■開催日時:2017年10月19〜29日
■開催場所:雪月華 74 East 7th Street, New York, NY 10003 (between 1st and 2nd Aves.)
■問い合わせ:646-895-9586(雪月華)

芸妓と舞妓のトーク(事前予約制)
■開催日時:10月21日(土)・28日(土) 午前11時の部・午後5時の部
■場所:雪月華
■参加費:$35.00(抹茶とポストカード付き)
■申し込み・問い合わせ:https://www.setsugekkany.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-1-5

    永住権保持者の子どもが日本で生まれたら?

    アメリカに住んでいる永住権保持者が、アメリカを数カ月離れる必要があり、米国外で子どもを産むこ...
  2. 2018-3-6

    第58回 待っているものがある

     テクノロジーの発展で、人々の働き方も生活の仕方も激変している。買い物は自宅のPCからアマゾ...
  3. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...
  4. 2016-11-1

    ビールメーカー 4000社超の激戦時代 海外ブランドにも 大きなチャンス

    サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...
  5. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る