久徳裕子NY個展開催「Light of a Japanese Soul」

Let’s Jump Over The Moon ( charcoal and soft pastels on paper, Summer 2016 )

在ニューヨーク日本国総領事館18階 広報ギャラリーにて久徳裕子氏の個展が12月4日から開催される。久徳氏は日本に対する尊厳と郷愁を作品として表現し続けている若きアーティスト。

New Yorkで生きるアーティストとして実際に欧米での生活を通して感じた日本に対しての敬愛、尊厳、愛着、そして郷愁をキャンパス上や彫刻物で表現する。

Nostalgia (Acrylic on canvas, Spring 2016)

久徳氏はニューヨーク州立大学に通う美大生であり若手現代美術家のひとりで学校内外のグループ展やコンペで多数入賞、 2015年にSUNY Purchase Collegeより審査員賞を受賞した。2017年夏には出身地の名古屋で初の個展を開催している。

■日時:2017年12月4日(月)〜12月14日(木)9:30am-4:00pm(土・日は休館)
■場所:在ニューヨーク日本国総領事館18階広報ギャラリー
299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
※入館する際は写真付き身分証明書が必要
■問い合わせ:yuko.kyutoku@gmail.com
https://www.yukokyutokustudio.com/

The beginning of a long long life ( Mixed media on clay, Summer 2017 )

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-8-5

    第106回 Dementia(認知症)

     愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  2. 2016-11-5

    第167回 洗脳 VSメディア・リテラシー②

    前回、この12年間でアメリカのメディアで一番視聴されているFox Newsは、CNN とMS...
  3. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  4. 2017-2-4

    第100回 Dear Juliette - 今は亡き愛犬に捧げる手紙 -

     早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  5. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る