【FrontLine限定】日本のテレビが見れるデバイスSlingbox キャンペーン中

 

アメリカにいながら日本のテレビをリアルタイムで見ることができるようになるデバイスSlingbox(スリングボックス)が、現在フロントライン限定価格で販売されている。

45カ国100万人以上が利用している同商品。月額料金は無料、デバイスを日本の自宅・実家に設置するだけでパソコンやタブレットで、世界のどこからでもインターネットを通して視聴が可能。地デジはもちろん、日本で契約されているNHK BS、WOWOW、スカパー!などの有料放送や、レコーダーに録画した番組、セットされたDVDやBlu-rayの映画ソフトなども視聴ができる。日本全国訪問設置サービスも含んでいる。

■キャンペーン期間:2017年12月1日〜2017年12月31日
■キャンペーン価格:¥45,000 (通常 ¥50,424)
・Slingbox本体の設置と設定(1台)
・Slingboxとレコーダーとの接続(1台)
・パソコンの接続設定(1台)
・アカウントの設定(1アカウント)
■購入先:slingbox.jp/usfl1712

 

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-3-1

    寿司、ラーメンに続け 日本の「定食」の認知度向上へ

    テキサス進出の好機  2016年3月にカリフォルニア州のパロアルトに1号店をオープンし...
  2. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  3. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  4. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  5. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る