懐石料理店SHIBUMIで大分フェアを開催

麦焼酎いいちこをカボスジュースで割って特製カクテルを作るシュロッサー氏

アメリカ人シェフが手がける本格的な懐石料理店として、2016年6月の開店以来、高い評価を獲得しているロサンゼルスのSHIBUMIで、2017年12月1日から12月10日まで大分県の物産にフォーカスを当てた大分フェアが開催されている。

同フェアのためにオーナーシェフのデビッド・シュロッサー氏が考案したメニューは、ハマチのたたきのポン酢ソース、干し椎茸で出汁をとったさつまいも饅頭の味噌汁、柚子胡椒を添えた豊後牛のグリル。さらに大分県の焼酎ブランド、いいちこをカボス果汁で割ったカクテルも提供された。

シュロッサー氏は今回の大分県とのコラボレーションについて「1年前にJETROとのミーティングで、日本産の食材を積極的にアメリカ市場に持ち込もうという話が出た。私自身も、アメリカ人に受け入れられるように変容した日本食ではなく、日本の本物の食をアメリカで提供することを使命と感じている。共通の目的を掲げる中、最初に大分県の食材を取り上げることになった。大分と言えば、関アジと関サバは日本料理のシェフにとっては夢の食材だ」と語った。

また、同フェアで取り上げた大分県産の食材について「味噌汁の出汁に昆布と共に使った干し椎茸のおかげで非常に豊かで深い味を出せた。豊後牛は、さっぱりした脂が持ち味の宮崎牛と脂が乗っている神戸牛との中間に位置する。神戸牛や宮崎牛に比べてまだまだアメリカでは知名度がないので、今後、知らせるための努力が必要だ。ハマチはシンプルな味が特徴」と評価した。

シュロッサー氏はフランス料理のシェフを経て、京都の一流料理店でも腕をふるった経験を持ち、日本では「人々」「禅」「食」との印象的な出会いがあったと振り返る。自身が経験した「リアルテイスト(本物の味)」を、多くのアメリカ人に紹介していきたいと、再開発が進むロサンゼルスのダウンタウンに店を開けた。顧客の割合は日本人を含むアジア系が35%、残りは非アジア系のアメリカ人だ。また、最近、テレビ番組「料理の鉄人」のアメリカ版にも出場を果たした。

シュロッサー氏は、今年の大分フェアを踏まえて、2018年にも「今度は関アジ、関サバ、そして再び豊後牛を使ったレシピを提供したい」と再度の開催に意欲を見せている。その前に生産現場の視察を目的に、大分県を訪問する計画も持ち上がっているとのことだ。

■開催場所:SHIBUMI (815 S. Hill, Los Angeles)
■詳細:http://www.shibumidtla.com

大分産のハマチを使ったたたきのポン酢ソース。器は大分県日田市で生産されている小鹿田(おんだ)焼

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-10-8

    第143回 旅行保険について

     旅行の際に大変役に立つ保険を紹介します。Travel Insurance, Trip In...
  2. 2017-5-2

    第3回 「全米一長いバイクトレイル」 ミズーリ州

    まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...
  3. 2017-10-1

    グループ全体のビジネスコンテンツを 日系企業のグローバリゼーションの共通インフラに

    人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...
  4. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  5. 2018-6-6

    第61回 弱みを無くす

    語弊があるかもしれないが、ざっくばらんに言って、動物の世界が弱肉強食であるように、人間世界も...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る