QUICK USA「米国 人事セミナー」実施 1月ニューヨーク

クイックUSAが、米国人事セミナーを実施する。「2018年雇用法アップデートとHRトレンド予想」と題した今回は、毎年年明け後に変更されることが多い雇用法に関して説明する他、2018年以降のその後の動きを予測し解説。雇用法の変更に関しては、雇用主側がキャッチアップしていることはもちろん、従業員への通知や従業員ハンドブックにも追加なども雇用主側での対応がひ必要になる。ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。

■日時:2018/1/25(木)  1:30pm~4:30pm
■定員:先着30名 予約必須
■受講料:$80
■会場:TKP New York Conference Center 109 W 39th St., New York, NY 10018
■講師:酒井 謙吉氏(Pacific Dreams, Inc. 代表取締役)

■内容
1. 最低賃金変更に関するアップデート
2. NY 州有給家族休暇法(PFL: Paid Family Leave)の概要
3. シックリーブやその他法律で定められた休暇法
4. I-9 フォームの改定と E-Verify の義務化方針
5. 就労ビザ (E ビザ&L ビザ)申請手続きとビザ発給状況
6. 賃金と時間管理 (Wages & Hours Law) のレビュー
7.採用時における給与履歴質問の禁止
8. 賃金支払い均等法における公平性の強化
9. 従業員雇用維持に寄与する会社ベネフィット
10. .従業員ハンドブックや会社ポリシーのアップデート

■問い合わせ・申込み先
QUICK USA, INC.
www.919usa.com
212-692-0850   / quick@919usa.com
担当:菰田(こもだ)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  2. 2016-7-30

    シリーズアメリカ再発見㊸ アートで再生! デトロイト

     「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...
  3. 2018-4-1

    諦めない! アメリカでの日本語教育

     アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...
  4. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  5. 2015-10-23

    シリーズアメリカ再発見㊶ ハワイ島 マウナラニの息吹

    活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成す...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る