元国連キャリア職員 森田宏子氏講演会
「バイリンガル子育てと子供の進路」をNYで開催

4月24日(火)、ニューヨークの日本クラブでバイリンガルの子育てに関する講演会が開催される。講師として招かれているのは、元国連のキャリア職員である森田宏子氏。

森田氏は父親の仕事の関係で、13歳から4年半ニューヨークに暮らし、現地校と補習校を両立しながら育った。その後、日本のことをもっと知るため、そして社会勉強をするために日本の大学へ進学。大学卒業後は海外在住ながら毎年数回帰国し、常に日本とアメリカを客観的に見られる立場にあった。

米国生まれの3人の子どもたちにも日本語を身につけさせ、日本の良さを知ってもらうためにいろいろと苦心したという。補習校をはじめ、塾や公文なども利用した森田氏自身の帰国子女としての体験と、米国で3人の子どもを育てた経験をもとに、現在米国で子育て中の方にとって参考になる話を日本語で講演する。

<講演内容>
・幼稚園・学校とのコミュニケーションの取り方
・夏休みの使い方・将来有効な課外活動
・親が一緒にボランテイアをする意義
・日本語を忘れずに英語をしっかり身につけさせるバイリンガル教育について
・思春期の子供との向き合い方

講演会「バイリンガル子育てと子供の進路」
■日時:2018年4月24日(火)10:30am開場、11:00am開演(12:30pmまで)
■場所:日本クラブ5階サクラルーム(145 West 57th Street, 2nd Floor, New York, NY 10019)
■参加費:会員$10、ゲスト$15(伊藤園お茶付き)
■申し込み・問い合わせ:Tel 212-581-2223 または E-mail yhonda@nipponclub.org
※参加費を4月23日までに事務局まで要郵送。

森田宏子(もりた ひろこ)
東京都出身。13歳の時に初めての渡米。ニューヨーク郊外に居住。1973年、 国際基督教大学卒業。1979年、コロラド州デンバー大学大学院卒業、修士号取得。1979-81年、国連開発計画(UNDP)ハイチ事務所勤務。1982年から定年退職をする2015年末まで、ニューヨーク国連本部の幾つかの部署に勤務。コネチカット在住。日米を往復しながら学生アドバイザーや講義、執筆活動を続けている。昨年9月に文藝春秋企画出版部より、『仕事とわたし、どっちが大事なの?国連ママの子育て記』を上梓。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  2. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  3. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  4. 2018-4-1

    諦めない! アメリカでの日本語教育

     アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...
  5. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る