ジャパン・ハウス ロサンゼルス
TAKEO PAPER SHOW「SUBTLE」展 開催

繊細な紙の世界を現代の文脈において実験的に探究する「SUBTLE:サトル|かすかな、ほんのわずかの」展が、日本の文化を発信する「ジャパン・ハウス ロサンゼルス」で4月13日(金)から開催される。キュレーター兼ディレクターを務めるのは、ジャパン・ハウスの総合プロデューサー、原研哉氏。

同展覧会は、株式会社竹尾が企画した「竹尾ペーパーショウ」の最新の巡回展。1965年に初めて開催された「竹尾ペーパーショウ」は、紙の世界をテーマにした日本の紙業界で唯一の展覧会だ。

期間中の週末にはサブギャラリーで、「SUBTLE」展に準じた紙製の花瓶、Air Vaseの一般向けワークショップも開催される予定。

「SUBTLE:サトル|かすかな、ほんのわずかの」展
■開催期間:4月13日(金)〜5月23日(水)
■開催場所:ジャパン・ハウス2階 ギャラリー(Hollywood & Highland Center / 6801 Hollywood Boulevard, 2F and 5F Los Angeles, CA 90028)
■入場料:無料
■詳細:http://www.japanhouse.jp/losangeles/ja/events/takeo-paper.html
■ワークショップの詳細:https://tinyurl.com/y7f62n5t

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-9-15

    UCLAアメフトチームで 活躍する日本人庄島辰尭 (しょうじまたつあき) 選手

    開幕を3週間後に控えた8月中旬。トレーニングキャンプも2週目を迎え、ロサンゼルスからサンバー...
  2. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  3. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  4. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  5. 2018-3-5

    最終回 ワインの常識と非常識

     このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る