鈴木ナオミ
ジャズで彩る歌謡ショーin NY with 落語

英国ロンドンで活躍中の日本人シンガー鈴木ナオミによる、初のニューヨーク公演となる東日本大震災支援チャリティーコンサートが行われる。

今回のコンサートでは、昭和の古き良き歌謡曲をジャズ風にアレンジ、2019年のニューヨーク・ブロードウェイで公演予定のイベントのプロトタイプとも言えるコンサートで、コラボとして、俳優のKEN SAITO氏が落語パフォーマンスを披露し、ライブではニューヨーク拠点のジャズミュージシャンたちが伴奏を担当する。なお、同公演の収益金は東日本大震災支援のチャリティー団体「虹の架け橋ワールドプロジェクト」に全て寄付される。

鈴木ナオミは東京オリンピック2020に向け、世界中から日本の文化を発信中。多くの外国人に日本に目を向けてもらい、日本を訪れてもらう為のプロジェクト「Bridge Together Project(日本へ行こうよ)に取り組んでいる。このプロジェクトは日本の内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局[Beyond2020]のプログラムに認証されている。

■日時:2018年4月30日(月) 、開場7:30pm、 開演8:00pm
■場所:CRS(Center for Remembering & Sharing)
123 4th Ave #2, New York, NY 10003
■入場料:20ドル(寄付)
■チケット購入・問い合わせ:contact@marcreation.com / 917-400-9362

鈴木ナオミ
イギリスロンドン在住。福岡県田川市出身 田川市観光大使プロデューサー、歌手、女優、プレゼンターとしてヨーロッパで活動中のマルチタレント。BBCニュースやイギリスのメディアで『イギリスで最も有名な日本人シンガー』と報道される。2015年3月 英日議員連盟のオファーにより、日本人初のイギリス国会議事堂(東日本大震災メモリアル)でのコンサートを成功させ、日本のメディアからも注目を集めた。
2012年にリリースしたアルバム「Sweet Roses」の「Jupiter」は、全米ラジオチャート14位を記録、全世界1,400のラジオ局の投票では3週間連続で1位を獲得。
また、アーティストとしての経験を生かし、渡英する日本のアーティストのためのコーディネート会社を設立。宇多田ヒカル、布袋寅泰、葉加瀬太郎、清春などのアーティストのイギリスでの活動をサポート。ロンドンにて毎年7万人以上を動員する大規模イベントである「英国ジャパン祭り」の総合司会とパフォーマンスおよび、テーマソング「IBUKI」を制作するなど、英国での日本文化PRのイベントでも積極的に活動。
東日本大震災以降は、「音楽で生きる力」をテーマに、数々の復興支援ソング発表。英国から被災地70ヶ所以上に足を運び、コンサート・施設訪問など支援活動を続ける。
また、ネパール外交関係樹立60周年記念行事として「ネパール地震1年メモリアルコンサート」に出演、難民キャンプや小学校を支援し、ネパール労働大臣より賞「インターナショナルフレンドシップアワード」を授与されるなど、日本国外での支援活動に日本のメディアからも注目を集めている。
その他、日本で7つのラジオ放送局で「ナオミのロンドンコーリンク」を放送。出身地である福岡県田川市のゆるキャラ「たがたん」のテーマソング「たがタンゴ」の作曲、そのPVの制作なども行い、「たがたん大使」「田川市観光大使(たがわ魅力向上大使)」として地域振興の一端を担うなど、幅広い活動を行っている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  2. 2015-5-20

    裏ななつ星紀行~高野山編 第一話

     子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  3. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  4. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  5. 2017-7-2

    第105回 対犬タイプ

    散歩中に、前方から初対面の犬と飼い主が全速力で走り寄って来て、どきどきした飼い主もいるでしょ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る