染色作家・荒井健と染織作家・増山紀代
海外初の個展をNYで開催

日本におけるテキスタイル・アートの第一人者として知られる染色作家・荒井健と染織作家・増山紀代の海外初となる個展が、6月にニューヨーク、マンハッタンにあるギャラリー「Tenri Cultural Institute of New York」で開催される。

荒井氏と増山氏は、東京芸術大学在学中に出会った。戦後の高度成長期の日本で作家活動をしていた両氏は、効率化を求める社会への疑問から、「ものづくりの起源」に立ち戻るため、原始的な工芸様式を残す国や地域への旅を始める。そこで、インドネシアで出会った伝統的技法に魅了された。作品を生み出すことが「人は土地(とその受け継いできたもの)とともに生きていくこと」に重なっているのだと気づいた二人は、作品を通して土地とともに生きることの価値や安らぎを伝えたいという思いを抱くようになったという。

半世紀以上にわたって、日本でも稀有なテキスタイル・アーティストとして活動を続けてきた二人の集大成ともいえる今回の個展。初期から最新の作品まで、インドネシアの島々にインスピレーションを求めた作家の軌跡が感じられるダイナミックな作品群が展示される。

増山氏は「我々のような海外の作家が、あえてその土地の昔からのやり方で製作することで、島で生きる人たちにその良さを見直してもらい、土地に伝わる文化や生活を少しでも守れるのではないだろうか」と語る。

Our Road
Batik x Ikat = Modern Japanese Textiles
By Ken Arai & Kiyo Masuyama

■開催期間:2018年6月21日(木)〜7月3日(火) ※金・日曜は閉館
■会場:Tenri Cultural Institute of New York (43A WEST 13TH STREET, NEW YORK NY 10011)
■作家ホームページ:http://our-road.wixsite.com/our-road

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...
  2. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  3. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  4. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  5. 2017-5-4

    トピックス もしかしてノイローゼ? 7つの前兆

    集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る