NYの日本クラブで、江戸時代からの粋なおもちゃの展覧会を開催

ニューヨークの日本クラブ内にあるギャラリーで、6月28日から企画展「江戸からの豆おもちゃ」が開催される。

江戸末期から続く浅草仲見世通りの老舗「助六」が、同展覧会で厳選した江戸の小さな玩具を通して、江戸の庶民の暮らしや風情、風流を伝える。ギャラリーでは、江戸っ子の遊び心をくすぐる粋で洒落た江戸趣味小玩具を70点以上展示。これらの玩具が語り継がれてきた謂れの解説とともに、日本の伝統的な手わざの質の高さと小さなものを慈しむ日本人の心を紹介する。

また助六コレクションのほか、日本人形で知られる吉徳による十二支の羽子板の展示や、公文教育研究会による7点の浮世絵のレプリカ展示、和紙造形作家である松山祐子さんによる江戸の花文化の紹介、鷲見氏代々のコレクションより消火玩具の展示など、おもちゃに関連するさまざまな展示が行われる。

さらに、6月30日には助六による豆おもちゃの制作ワークショップも実施。顔描きから色塗り、竹と糸を使って宙返りする仕掛け作りまで、6代目助六店主、木村光良さんによる浅草の話を交えながら楽しくおもちゃ作りができる。

■会期:2018年6月28日(木)~7月25日(水) ※日曜休
■場所:日本ギャラリー(145 West 57th street, New York, NY 10019 日本クラブ内)
■入場料:無料
■詳細:www.nipponclub.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-11-2

    第9回 「川とチーズとビール」 ウィスコンシン州

    名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  2. 2017-11-7

    第62回 STEM専攻と大学合否の決め手

     ニナが通う高校の講堂で、「STEMと大学進学」をテーマにした保護者向けの講演会が開催された。STE...
  3. 2015-10-26

    第86回 カリフォルニアのビーチ事情

     颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  4. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  5. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る