NYの日本クラブで、江戸時代からの粋なおもちゃの展覧会を開催

ニューヨークの日本クラブ内にあるギャラリーで、6月28日から企画展「江戸からの豆おもちゃ」が開催される。

江戸末期から続く浅草仲見世通りの老舗「助六」が、同展覧会で厳選した江戸の小さな玩具を通して、江戸の庶民の暮らしや風情、風流を伝える。ギャラリーでは、江戸っ子の遊び心をくすぐる粋で洒落た江戸趣味小玩具を70点以上展示。これらの玩具が語り継がれてきた謂れの解説とともに、日本の伝統的な手わざの質の高さと小さなものを慈しむ日本人の心を紹介する。

また助六コレクションのほか、日本人形で知られる吉徳による十二支の羽子板の展示や、公文教育研究会による7点の浮世絵のレプリカ展示、和紙造形作家である松山祐子さんによる江戸の花文化の紹介、鷲見氏代々のコレクションより消火玩具の展示など、おもちゃに関連するさまざまな展示が行われる。

さらに、6月30日には助六による豆おもちゃの制作ワークショップも実施。顔描きから色塗り、竹と糸を使って宙返りする仕掛け作りまで、6代目助六店主、木村光良さんによる浅草の話を交えながら楽しくおもちゃ作りができる。

■会期:2018年6月28日(木)~7月25日(水) ※日曜休
■場所:日本ギャラリー(145 West 57th street, New York, NY 10019 日本クラブ内)
■入場料:無料
■詳細:www.nipponclub.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  2. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  3. 2016-9-15

    UCLAアメフトチームで 活躍する日本人庄島辰尭 (しょうじまたつあき) 選手

    開幕を3週間後に控えた8月中旬。トレーニングキャンプも2週目を迎え、ロサンゼルスからサンバー...
  4. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  5. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る