吉屋 敬氏「フェルメールと 『オランダの光』」講演会を開催

吉屋 敬氏

生前大きな名声を得ながら、その後長く忘れ去られていた17世紀のオランダ画家、フェルメール。彼の作品はわずか35〜36枚しか現存せず、最大でも45、6枚しか描かなかったといわれている寡作な画家だ。

そのフェルメールの多くの謎を、画家でありエッセイスト、ゴッホ研究家でもある吉屋敬さんが、図版を映写しながら検証し、解き明かしていく。講演会では、フェルメールが描いたモティーフの意味や当時の社会背景との関係、ヨーロッパで「オランダの光」と呼ばれた特別な光とフェルメールの光との関係などを解説。また、フェルメールが生きた世界と時代についてや、寡作なのになぜこれほどの名声を得たのか、デッサンや習作はなぜ1枚も残っていないのかといった、フェルメールの謎にも迫る。

■開催日時:2018年11月14日(水)6:30 – 8:00pm(開場6:00pm)
■開催場所:日本クラブ(145 W 57th St., New York, NY 10019)
■参加費:一般$20 / 日本クラブ会員$15(1ドリンク付き)
■申し込み:212-581-2223 または yhonda@nipponclub.org(担当:本多)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-6-3

    第69回 APをめぐる攻防

    高校も3年目になると「AP」クラスなるものが登場する。APとはAdvanced Placem...
  2. 2018-6-1

    山にシティに魅力の宝庫コロラドは、 美しい。

    あれもこれも楽しめる 進化し続ける都市・デンバー ロッキー山脈は、北米大陸を約300...
  3. 2017-10-1

    グループ全体のビジネスコンテンツを 日系企業のグローバリゼーションの共通インフラに

    人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...
  4. 2017-2-4

    第100回 Dear Juliette - 今は亡き愛犬に捧げる手紙 -

     早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  5. 2016-10-6

    ハロウィン カボチャ茶巾 揚げ出し豆腐の そぼろ餡かけ

    ハロウィンにかわいらしいカボチャの茶巾はいかが? 甘いカボチャに、ショウガの効いた豚そぼろ餡が絶妙な...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る