吉屋 敬氏「フェルメールと 『オランダの光』」講演会を開催

吉屋 敬氏

生前大きな名声を得ながら、その後長く忘れ去られていた17世紀のオランダ画家、フェルメール。彼の作品はわずか35〜36枚しか現存せず、最大でも45、6枚しか描かなかったといわれている寡作な画家だ。

そのフェルメールの多くの謎を、画家でありエッセイスト、ゴッホ研究家でもある吉屋敬さんが、図版を映写しながら検証し、解き明かしていく。講演会では、フェルメールが描いたモティーフの意味や当時の社会背景との関係、ヨーロッパで「オランダの光」と呼ばれた特別な光とフェルメールの光との関係などを解説。また、フェルメールが生きた世界と時代についてや、寡作なのになぜこれほどの名声を得たのか、デッサンや習作はなぜ1枚も残っていないのかといった、フェルメールの謎にも迫る。

■開催日時:2018年11月14日(水)6:30 – 8:00pm(開場6:00pm)
■開催場所:日本クラブ(145 W 57th St., New York, NY 10019)
■参加費:一般$20 / 日本クラブ会員$15(1ドリンク付き)
■申し込み:212-581-2223 または yhonda@nipponclub.org(担当:本多)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-2-2

    第22回 「ちょっと足を伸ばせば」

    頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  2. 2017-3-1

    現地取材 レポート 今、全米が注目! テキサス最新事情

    ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...
  3. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  4. 2018-6-3

    第69回 APをめぐる攻防

    高校も3年目になると「AP」クラスなるものが登場する。APとはAdvanced Placem...
  5. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る