5月8日 福岡伸一博士のトークショー「科学と芸術のあいだ」をNYで開催

福岡伸一博士

ニューヨークにある日本クラブで2019年5月8日(水)、ベストセラー『生物と無生物のあいだ』『動的平衡』などを通じ、生命の神秘に迫ってきた生物学者の福岡伸一氏を招いてトークショーが開催される。

福岡博士は2013年4月からロックフェラー大学客員教授としてNYに赴任しており、生物学者として数々の著書を手がけるかたわら、大のフェルメール好きとしても知られている。世界中のフェルメール作品をめぐり、『フェルメール光の王国』の出版やデジタル印刷技術で再創造したフェルメール全作品を展示する「フェルメール光の王国展」を監修するなど、日米で好評を得ている。

今回のテーマは「科学と芸術のあいだ」。まずは福岡博士の生物学者としての歩みを振り返り、続いてライフワークともいえるフェルメールの謎について(絵の中に小さく描かれている楽譜を再現する、絵の表面にある指紋を探すなど)、スライド上映を交えながら語ってもらう。科学と芸術、一見異界に思える2つの領域をフットワーク軽く行き来する福岡号に、あなたも乗船してみてはいかが。

■開催日時:2019年5月8日(水)6:30-8:30pm
   6:00pm    開場・受付(テーブルにて軽食)
   6:30-8:00pm 講演会
   8:00-8:30 pm 書籍販売・サイン会
■会場:日本クラブ2階ローズルーム(145 West 57th Street, New York, NY 10019)
■参加費:日本クラブ会員$40、一般$60(軽食付き)
■申し込み・問い合わせ:日本クラブ(担当:東海) 212-581-2223 または info@nipponclub.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  2. 2019-1-22

    「がんの見落とし」を防ぐ新サービス〜日本帰国時の検診〜

    がんの治癒は早期発見が決め手 日本人の2人に1人ががんになる時代。あなたは健診を受けていますか? ...
  3. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  4. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...
  5. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る