看取り・命のバトン『いきたひ』米国初公開

長谷川ひろ子監督が手がけたドキュメンタリー映画『いきたひ』が、2019年5月24日にロサンゼルスで上映される。同作品のアメリカでの上映は、今回が初めてとなる。

長谷川ひろ子監督は、末期癌の夫(薬学博士)を家族とともに自宅で看病しながら、その姿を撮影。生還を信じて撮影した夫の闘病生活だったが願いは叶わず、2009年、夫の他界を家族とともに自宅で看取った。3年後、大きな心境の変化をきっかけに、まったくの素人ながら映画制作を決意。「死」をテーマに脚本、ナレーション、編集、音楽の作曲・演奏・歌など、ほとんどすべてを自分で担当し、2015年4月に同作を完成させた。

完成したドキュメンタリー映画『いきたひ』は、「これまでの死生観が変わった」「受け入れられずわだかまりを感じていた肉親の死を、ようやく受け入れることができた」など、多くの人々に衝撃と共感を与える。観た人の「自分の周りの人にも、ぜひ観てほしい」という熱い思いから、日本全国で自主上映が続いている。監督本人の講演とセットの上映会は評判を呼び、1年で70回を越えた。

今回のロサンゼルス上映では、米国初公開を記念して、監督の特別公演や懇親会も予定されている。

■開催日時:2019年5月24日(金)午後の部1:00pm〜、夜の部5:30pm〜
■開催場所:小東京Union Church of Los Angeles (401 E 3rd St., Los Angeles, CA 90013)
■参加費:ドネーション$30
■申し込み:Ikitahi.USA@gmail.com

米国初公開記念特別講演と懇親会
■開催日時:2019年5月23日(木)5:30pm〜
■開催場所:小東京 都ホテル2階会議室 ※懇親会は、レストラン多聞
■会費:$100(上映会VIP席4枚、懇親会お食事付き)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-2-4

    第100回 Dear Juliette - 今は亡き愛犬に捧げる手紙 -

     早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  2. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...
  3. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  4. 2018-1-2

    TOPIC 今年こそスリムダウン 過食を阻止する6カ条

    2018年、今年こそダイエットを成功させたいと願う読者のために、「過食しないための秘訣」をお届け...
  5. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る