シェフのデービッド・ブーレイ「日本食普及の親善大使」任命、ニューヨーク総領事館

 ニューヨークの名店「Bouley」などのシェフとして有名なデービッド・ブーレイ(David Bouley)氏が、今年2月、日本の農林水産省から「日本食普及の親善大使」(Japanese Cuisine Goodwill Ambassador)に任命された。

 これを受けて、在ニューヨーク日本国総領事館は、同公邸で6月3日、ブーレイ氏に任命状を渡すセレモニーを行う。

 親善大使の役は、日本食とその食文化について、日本国外の日本料理関係者などに対して、親身で的確なアドバイスを行う、というもの。昨年創設された。

 特別親善大使に女優の檀れい、日本食普及の親善大使に日本国内から21人、国外から13人が選ばれた。

 ブーレイ氏は、ニューヨーク・マンハッタンのトライベッカにあるフレンチレストラン「Bouley」のオーナーシェフ。1990年代から日本食に関心をもち、日本を何度も訪れて、和食の世界に魅了・触発された。2011年には、辻調グループとの共同経営で「brushstroke」をオープンし、モダンな懐石料理を提供している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-6-1

    日本文化の素晴らしさ 日本人の心の在り方を伝えたい

     全米公開に先駆け、5月8日にハリウッドのエジプシャンシアターで開催された映画「たた...
  2. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...
  3. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...
  4. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  5. 2016-11-2

    Beauty Special 2016 Fall こだわり美容アイテム

    SHISEIDO 資生堂が、Bio-Performanceからの2つの商品を含む2016年秋の新作...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る