バベル翻訳専門職大学院 ワーキング・スカラシップ生募集中

bupstlogo

アメリカの翻訳修士号取得の為のオンラインクラスを開講するバベル翻訳専門職大学院では、2017年1月よりワーキング・スカラシップ生を募集を開始した。在学中に翻訳業務を手伝うことで、奨学金として最大8,000ドルが正規学費より差し引かれる制度。下記4つの専攻から各5名が選抜される。副学長 堀田氏によるオンライン説明会・カウンセリングも随時行っている。

■試験内容:
(1)筆記試験:2時間のインターネット自宅試験、辞書・インターネット参照可
(2)書類選考:「小論文」および「履歴書と職務経歴書」
(3)面接試験: 筆記試験の5~10日後 30分程のインターネット自宅試験
■受験料:70ドル または 7700円
■対象専攻:文芸翻訳専攻 / 金融・IR翻訳専攻 / 特許・技術・医薬翻訳専攻 / 法律翻訳専攻

■詳細:http://www.babel.edu/work/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-4-3

    イースターキーマカレー イースターマカロニサラダ

     イースター祭りに、キーマカレーとマカロニサラダはいかがでしょう? 一気にたくさん作れて、子供も大人...
  2. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  3. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  4. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  5. 2016-9-15

    UCLAアメフトチームで 活躍する日本人庄島辰尭 (しょうじまたつあき) 選手

    開幕を3週間後に控えた8月中旬。トレーニングキャンプも2週目を迎え、ロサンゼルスからサンバー...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る