マクドナルドがUberEATSを利用したマックデリバリー対応店舗を新たに拡大

マクドナルドはこの3カ月で、UberEATSを利用したマックデリバリーの対応店舗を13カ国4200カ所新たに拡大した。そのうち3500カ所はアメリカ国内の店舗。これで、マックデリバリーの対応店舗は世界47カ国7800店舗となる。このサービスを利用すると、好きなメニューをオンラインで注文すれば、好きな時に自宅や職場、屋外など好きな場所へ「できたて」を届けてもらえる。

この新たな門出を祝して、マクドナルドは7月26日を「Global McDelivery Day」と称し、世界各国で当日来店したお客さんやマックデリバリーを注文したお客さんにサプライズを提供した。

ニューヨークではモデルのクリッシー・テイゲンが、マックデリバリー・コレクション(スウェットスーツやサンダルなど、マクドナルドの商品をデザインしたオリジナルコレクション)の配達に出現。日本では、来客がクルーに「スマイル」をオーダーできるサービスを提供した。そのほか中国や香港などでも、お客さんを楽しませるサプライズが用意された。

マクドナルドは昨年、人工防腐剤の添加の中止など、メニューの変更に着手。今後はセルフレジの導入やテーブルでオーダーができるサービスなど、より近代的なレストランへと変貌を遂げていくだろう。

■詳細:http://mcdeliveryatmcdonalds.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  2. 2017-9-1

    Howdy Y’all !!!

    HOWDY!!! 通年を通して過ごしやすいCAと違い、こちらダラスは9月になっても秋の雰囲気...
  3. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  4. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  5. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る