マクドナルドがUberEATSを利用したマックデリバリー対応店舗を新たに拡大

マクドナルドはこの3カ月で、UberEATSを利用したマックデリバリーの対応店舗を13カ国4200カ所新たに拡大した。そのうち3500カ所はアメリカ国内の店舗。これで、マックデリバリーの対応店舗は世界47カ国7800店舗となる。このサービスを利用すると、好きなメニューをオンラインで注文すれば、好きな時に自宅や職場、屋外など好きな場所へ「できたて」を届けてもらえる。

この新たな門出を祝して、マクドナルドは7月26日を「Global McDelivery Day」と称し、世界各国で当日来店したお客さんやマックデリバリーを注文したお客さんにサプライズを提供した。

ニューヨークではモデルのクリッシー・テイゲンが、マックデリバリー・コレクション(スウェットスーツやサンダルなど、マクドナルドの商品をデザインしたオリジナルコレクション)の配達に出現。日本では、来客がクルーに「スマイル」をオーダーできるサービスを提供した。そのほか中国や香港などでも、お客さんを楽しませるサプライズが用意された。

マクドナルドは昨年、人工防腐剤の添加の中止など、メニューの変更に着手。今後はセルフレジの導入やテーブルでオーダーができるサービスなど、より近代的なレストランへと変貌を遂げていくだろう。

■詳細:http://mcdeliveryatmcdonalds.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  2. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  3. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  4. 2016-12-1

    シーズン到来! とっておきのギフトアイデア20選

    Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  5. 2017-3-1

    現地取材 レポート 今、全米が注目! テキサス最新事情

    ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る