マツダ全対象車種がIIHS安全性評価試験で最高評価を獲得

マツダ・ノースアメリカン・オペレーションズは、2017年型 MAZDA CX-5がIIHS(道路安全保険協会)の最高評価「Top Safety Pick+」を獲得したことを発表。IIHSの発表によると、2017年型のマツダ全対象車種(*)が最高評価である「Top Safety Pick+」を与えられたことになり、2017年の試験対象車種を製造した自動車メーカーのなかで唯一マツダだけが、全対象車種において最高評価を獲得したことになる。

「Top Safety Pick+」を得るには、2017年の5つの衝突安全試験において最高評価の「Good」、前面衝突予防評価において「Advanced」または「Superior」、ヘッドライト性能評価において「Acceptable」または「Good」の評価を獲得する必要がある。

CX-5は2012年のデビュー以来、毎年Top Safety Pickに選出されており、「Top Safety Pick+」を獲得したのは今年で5年目。一新された2017年型にはドライバーの車間距離認知をサポートするMRCC(マツダレーダークルーズコントロール)や、LAS(レーンキープアシストシステム)、TSR(交通標識認識システム)など、アクティブセーフティ技術やドライバーの危険回避・危険予知をサポートするi-ACTIVSENSE技術が用意されており、一人または家族を乗せている時でも安心で安全なドライブをサポートする。

エレガントな魂動デザインに、強化された安全性能、軽量かつ高効率の最新のSKYACTIV技術などを搭載したCX-5は、全米のマツダ販売店で購入可能。

(*)オプション設定の前面衝突防止技術及び特定のヘッドライトを装備した場合。

■2017 年型CX-5の詳しい情報:https://ja.mazdausa.com/vehicles/cx-5
■IIHSの詳しい情報:http://www.iihs.org/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-3-4

    カブと豚ひき肉の カレー煮 ミツバと明太子のだし巻き卵

    旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  2. 2017-8-5

    第106回 Dementia(認知症)

     愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  3. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  4. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  5. 2016-11-17

    「この映画を作れば 捕鯨は理解してもらえる、という一心」

     和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る