『地球の歩き方』アメリカ編2017-18版で、デンバーの注目スポットを紹介

表紙にはデンバーの16番街モールのイラストが

2017年7月に、(株)ダイヤモンド・ビッグ社から旅行ガイドブック『地球の歩き方 B01 アメリカ 2017-2018年版』が発売された。全米の数々の旅行情報が掲載されているが、なかでも注目なのが巻頭特集で紹介されているコロラド州の州都・デンバー。

「アメリカ最新情報」のコーナーでは、新着トピックとしてリバーノース地区(通称ライノ)のセントラルマーケットが掲載されている。材料や製法にこだわるアイスクリームショップやベーカリー、世界の選りすぐりのチーズ&ハムショップなどが楽しめるマーケットは、地元の人や観光客にも人気。

また「アメリカのご機嫌シティ」のコーナーでは、近年の再開発で新たに生まれたエリアが 紹介されている。クラフトビールのブルワリーの密集地としても知られるリバーノース地区は、アートギャラリーや壁画が目を引くクリエイティブな町。個性的なブティックやおしゃれなレストランが並ぶエリアとして、ロウアーハイランド地区(通称ローハイ)も注目を集める。

■「地球の歩き方」公式サイト:http://www.arukikata.co.jp/guidebook/book/B01.html

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-1-2

    TOPIC 今年こそスリムダウン 過食を阻止する6カ条

    2018年、今年こそダイエットを成功させたいと願う読者のために、「過食しないための秘訣」をお届け...
  2. 2016-6-30

    シリーズアメリカ再発見㊷ 夏も砂漠で遊べ! パームスプリングス

     南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  3. 2017-7-1

    第152回 車のフロントガラスの修理について

    前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  4. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  5. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る