ANA 国際線エコノミークラスで日本酒の提供を開始

2017年9月1日から、ANA国際線エコノミークラスの全路線で宮城県の銘酒蔵・一ノ蔵の「一ノ蔵 特別純米酒 辛口」が提供される。同社は現在国際線のファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーで日本酒を提供しているが、エコノミークラスでも提供することでより多くの乗客に日本の“SAKE文化”を発信していく。

一ノ蔵は1973年、宮城県内の歴史ある4つの酒蔵が企業合同して創業。県産米の使用、蔵人の手作業による酒造りを実践し、伝統と革新を織り交ぜながら高品質な酒を造り続けている。

今回提供されることになった「一ノ蔵 特別純米酒 辛口」は、地元・宮城で誕生した米の品種「ササニシキ」「蔵の華」を使用。米本来の柔らかな旨味がバランスよく溶け、上品で深みのある味わいとなっている。

なお、ANAの機内では、空の旅をイメージしたオリジナルラベルで提供される。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  2. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  3. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  4. 2014-7-20

    日本へ一時帰国スペシャル 案外成田が面白い!

     成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  5. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る