ANA 国際線エコノミークラスで日本酒の提供を開始

2017年9月1日から、ANA国際線エコノミークラスの全路線で宮城県の銘酒蔵・一ノ蔵の「一ノ蔵 特別純米酒 辛口」が提供される。同社は現在国際線のファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーで日本酒を提供しているが、エコノミークラスでも提供することでより多くの乗客に日本の“SAKE文化”を発信していく。

一ノ蔵は1973年、宮城県内の歴史ある4つの酒蔵が企業合同して創業。県産米の使用、蔵人の手作業による酒造りを実践し、伝統と革新を織り交ぜながら高品質な酒を造り続けている。

今回提供されることになった「一ノ蔵 特別純米酒 辛口」は、地元・宮城で誕生した米の品種「ササニシキ」「蔵の華」を使用。米本来の柔らかな旨味がバランスよく溶け、上品で深みのある味わいとなっている。

なお、ANAの機内では、空の旅をイメージしたオリジナルラベルで提供される。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2014-7-20

    日本へ一時帰国スペシャル 案外成田が面白い!

     成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  2. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  3. 2017-7-1

    3人の起業家たち それぞれのサクセスストーリー

    コツコツ取り組んでいれば チャンスは必ず訪れる Maruhide Marine Pr...
  4. 2016-6-30

    シリーズアメリカ再発見㊷ 夏も砂漠で遊べ! パームスプリングス

     南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  5. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る