米国マツダ、新本社がグランドオープン

2017年8月25日(金)、かねてより移転を発表していたマツダ・ノース・アメリカン・オペレーションズの新しい本社がグランドオープンを迎えた。当日はオープンを記念して、レセプションや本社内部の見学ツアーなどを開催。

マツダは1987年からカリフォルニア州アーバインに本社を設けており、今回の移転はアーバイン内での拠点変更となる。新たな本社では、マツダのロゴが掲げられた高層ビルの6〜10階のフロアを占有し、1階のロビーには車を展示。8階には京都の水出しコーヒーが味わえるカフェが設けられている。

オープニング当日の午前10時、多くの報道陣や関係者が集まったロビーでセレモニーを開始。ディレクターによる挨拶から始まり、社長兼CEO・毛籠勝弘氏の挨拶、関係各社からの祝辞およびリボンカットを実施。毛籠氏は「より良い労働環境を作り、従業員の笑顔を増やすことが、顧客サービスの向上にもつながるだろう」とコメントした。

撮影会が終わると、ビルディングツアーへ。実際の仕事場となるフロアへ上がり、エレベーターを降りるとまず天井、壁ともに黒を基調としたエレベーターホールが出迎える。一方、ホールを出て奥のワークスペースへ進むと、天井が高く、白を基調とした開放的な空間に様変わりする。

仕事のヒントとなるアイデアが浮かびやすくなるよう配慮されたワークスペースと、逆に頭を休めてリラックスできるように設計されたホールやカフェスペース。新しいオフィスでは、従業員が働きやすい工夫が随所に見られた。

テープカットの様子。中央が社長兼CEOの毛籠勝弘氏

ワークスペースは、従業員が固定席を持たないフリーアドレス制を採用

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2015-10-26

    第86回 カリフォルニアのビーチ事情

     颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  2. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  3. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  4. 2017-12-1

    帰国準備

    引越しは仕分けが重要 辞令が出たら即仮予約を 日本への帰任辞令が出た時に、帰国準備は何から始...
  5. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る