聞くだけの英語教材『スピードラーニング』が デジタル化されて販売再開

外国語教材を制作・販売する株式会社エスプリラインの、あの聞き流す英語教材『スピードラーニング』 がアメリカでの販売を9月より再開した。

『スピードラーニング英語 デジタル版』は思い立ったその瞬間から英会話を始められ、スマートフォン、パソコンでいつでもどこでも英語に触れることができる。

以前アメリカで販売していた『スピードラーニング』(CD 版)は聞いているだけで、英語のみならず、アメリカ生活が手に取るようにわかる「アメリカ生活ガイド」的な教材だったので駐在員とその家族を中心に日本人たちに大人気となった。

子どもの学校で他のお母さんたちや先生との会話は? 暖房が壊れたときはどうする
の? 子どもがケガをして救急車を呼ぶことになったら? 家を借りるときはどこから手 をつければいいの? パーティーに呼ばれたら? アメリカの行事ってどうするの? など、 アメリカ在住の日本人が遭遇する日常が息づいた、臨場感あふれるアメリカ生活が詰まっている。

『スピードラーニング』は英語のあとに日本語が収録されているので、テキストや辞書を使わず意味がすぐ分かり聞いていてストレスがない、楽しくアメリカ生活を疑似体験できる教材となっている。

株式会社エスプリラインは日本国内の行政や企業向けのオリジナルのスピードラーニングも制作し、現在『スピードラーニング』は、日本国内において地方公共団体や、川越の観光向け、金沢で390年の歴史を持つ老舗和菓子屋『森八』 向けなど、カスタマニズされたオリジナルの『スピードラーニング』の制作・販売もして好評を得てる。

■問い合わせ:エスプリラインホームページ
http://www.gogosl.com/
TEL:203-869-2543(東部時間:平日9〜5 時)
info@gogosl.com

 

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-4-2

    アメリカン航空で飛び、 OnlyOneTravelで巡る 今、キューバが熱い!

    DAY 1 首都ハバナに到着  アメリカン航空での空の旅からスタート。今回は...
  2. 2016-6-30

    シリーズアメリカ再発見㊷ 夏も砂漠で遊べ! パームスプリングス

     南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  3. 2017-7-1

    ロサンゼルスの元敬老ホームのその後 日本のテレビが関係者に現地取材敢行

    本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...
  4. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  5. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る