サンフランシスコ J-POP サミット 2017 開催

9月9日(土)、10日(日)と2日間にかけて日本ポップカルチャー見本市「J-POP サミット 2017」がサンフランシスコ開催された。

2009年夏にスタートし、日本の最新ポップカルチャーを全米・全世界へ紹介するイベントへと急成長を遂げている同フェスは今年9年目を迎え、サンフランシスコ湾を一望出来るフォート・メイソン・センターを会場として、音楽ライブやファッション、アニメ、アート、ゲーム、フード、IT・テクノロジー、トラベルなど、 日本の「今」を体験しに訪れる参加者たちで大盛況となった。

また同期間に、今年5回目となるサンフランシスコ日本映画祭が共催され、 総来場者数は約20000人以上を記録した。

今年は、「国境、人種、性別等、様々な境界線を越えた人々が一同に会し、出展者も、出演者も、参加者も、そしてスタッフも、日本文化をワクワクしながら楽しみ学ぶ「遊び場」を皆で創造する」(Create a playground of diversion and discovery inspired by the wonders of Japanese pop culture.)ことをテーマとして各種イベントが会場内で開催された。

従来型のコンベンションでは得られない、驚きと発見と遊び心に満ちた「PLAYGROUND(遊び場)」を提供することを目指し、アーティストのタカハシミツメヒロユキ氏によるメインビジュアルを中心とした会場全体空間設計 世界的に著名なデザインファームIDEOによる巨大ビーチボール•シンセサイザーのインスタレーション導入のほか、J-POPカルチャーを媒介として、日米両国の各出展者・出演者による、これまでに前例のないJ-POPサミット限定の50を超えるボーダレスなコラボレーションが生まれ、来場者を驚かせた。

例年大人気のJ-POP LIVEステージでは、日本のエンタテイメント業界を代表する豪華ゲストのラインナップが実現。 May’n、BAND-MAID、東京ゲゲゲイ、ベイビーレイズJAPAN、YANAKIKU、井上あずみ&ゆーゆ、LINQ OGが超満員の聴衆から大歓声を浴び盛況だった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-9-3

    第154回 生命保険に加入しない理由?

    今までにも何度も紹介していますが、生命保険は誰にとっても必要な保険です。多数の顧客と話をした...
  2. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  3. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  4. 2017-8-3

    片渕 須直 「戦争は非常に大きな力で、 人の可能性の目をつんでしまうもの」

     昨年、日本で公開された時から待ち望んでいた映画がある。18歳で嫁いだ主人公すずの戦前と戦時...
  5. 2017-12-3

    Q&A 怒りの感情について

    質問:感情のコントロールについてご相談します。私は自分のプライドを傷つけられると、怒りの感情...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る