【イベントレポート】南加大分県人会
100周年記念式典を開催

ガーデナ仏教会ソーシャルホールで
Photo By Hiroki Yamaguchi

2017年に創立100周年を迎えた南カリフォルニア大分県人会が、9月30日、ロサンゼルス郊外ガーデナ市のガーデナ仏教会ソーシャルホールで記念式典を開催した。会員数は52名と小規模ながら、当日は会員有志と在ロサンゼルス日本国総領事館より菊間茂領事、九州地区の県人会長、また日本からも大分県の安東隆副知事、大分市の佐藤樹一郎市長をはじめとする14名を迎え、総勢80名で盛大なイベントが行われた。

特別ゲストには、戦前にロサンゼルスにあった養護施設「六市と安子の“小児園”」の書籍化に携わったミコ・ヘンソンさんが登場。ヘンソンさんが本にして紹介した園の設立者、楠本六市は大分県出身のクリスチャンだった。また、今年、大雨で被害を出した大分県に対し、ロサンゼルスでレストラングループを展開する新撰組のオーナー、重田光康氏から寄付金が贈呈された。

乾杯の音頭は大分県出身の米国パソナ社長の古代賢司氏が務め、来場者には大分県の企業である三和酒類のいいちこと八鹿酒造の銀座のすずめや湯布院といった焼酎が振る舞われた。

オペラ歌唱や大分の方言による講話、大分県竹田市が生んだ音楽家、滝廉太郎が故郷を思い作曲した「荒城の月」のコーラス、隣県福岡県の小倉太鼓の演奏などが披露された後はラッフルチケットの抽選会が行われ、特賞の全日空の日本行往復航空券をはじめとする豪華な賞品が当選者に提供された。

1年前から今回の100周年式典の準備に携わってきた會田裕二会長は、今回の式典を無事に終えて、「今後の課題は会の若返りと動ける人に会員になってもらうことだ。人数が多いということは必ずしも長所ではない。少なくても親密な会を目指したい。また、大分県との交流もさらに活発化させていきたい」と、今後の県人会の継承に向け、意欲を見せた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  2. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  3. 2017-5-4

    トピックス もしかしてノイローゼ? 7つの前兆

    集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...
  4. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  5. 2017-10-1

    グループ全体のビジネスコンテンツを 日系企業のグローバリゼーションの共通インフラに

    人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る