豊富なタイトルを楽しめる電子図書館

今、日本やアメリカを含め、世界的に電子図書館の流通が拡大しているのをご存知だろうか。電子図書館とは、通常の図書館での本の利用シーンをそのまま電子書籍のスタイルで実現したサービスだ。

このサービスはパソコンやスマートフォンなどから電子図書館へアクセスし、読みたい本の検索や貸出手続きができる。図書館が家から遠い方や移動の不自由な方でも、気軽にいつでも、どこでも利用できるのが魅力だ。

貸出や返却の方法は、図書館となんら変わりない。借りたい本の在庫があればすぐに借りて、そのまま自身の端末から閲覧ができ、貸出期間が過ぎると自動的に返却される。また、貸出中の場合は予約を入れることも可能。

場所や時間を気にせず利用できるメリットに加え、文字の拡大の機能といった電子書籍ならではのアクセシビリティを備えているのも特徴だ。

電子図書館では講談社をはじめとした日本の出版社や、ランダムハウスやハーパーコリンズといった世界の大手出版社の160万以上の作品を提供。また、電子図書館プラットフォームの世界最大手であるOverDriveのネットワークにより、英語、日本語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、ロシア語など50言語以上のコンテンツが揃う。

アメリカでは公共図書館の90%以上がこのサービスを導入しているという。

■詳細:ロサンゼルス図書館(https://www.lapl.org/)または
お近くの図書館(https://www.overdrive.com/libraries)へ

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-11-17

    「この映画を作れば 捕鯨は理解してもらえる、という一心」

     和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...
  2. 2015-5-20

    裏ななつ星紀行~高野山編 第一話

     子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  3. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  4. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  5. 2016-10-2

    シリーズアメリカ再発見㊽ 地球は回っている ハワイ島マウナケアの日の出

     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る