JAL、アラスカ航空とのコードシェアを拡大

JALはアメリカ西海岸を中心に運航している、アラスカ航空(以下「AS」)とのコードシェアを拡大すると発表した。

今般、ASとヴァージン・アメリカ航空(以下「VX」)が統合したことにより、ASのネットワークが大幅に拡大することにあわせ、ASが運航する以下のサンフランシスコおよびロサンゼルス発着路線において、JALのコードシェア便を新たに実施する。

ASはワシントン州シアトルを本拠地とし北米を中心に110を超える都市に就航しており、今回のVXとの合併によりASは米国西海岸で最大の航空会社となった。

同社は「JALはこれからも提携社との関係を強化し、お客さまの利便性向上を図り、『世界で一番選ばれ愛される航空会社』となれるよう、チャレンジを続けてまいります。」と意気込みを語っている。

■コードシェア開始日: 2018年5月20日(日)
■予約・販売開始日: 2018年2月6日(火)
(*) コードシェア便の運航は政府認可を条件としている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  2. 2016-9-5

    子役の演技にぶっ飛ぶ 「Pete’s Dragon」 (8月12日公開)

    1977年にディズニーが製作した実写とアニメの同名合成映画のリメイクとなる本作は、ドラゴンと...
  3. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...
  4. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  5. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る