リユースショップ2nd STREETがメルローズにオープン

日本で500店舗を展開するリユースショップ2nd STREETが、海外初店舗となる第1号店を2018年1月12日にカリフォルニア州ロサンゼルスのメルローズアベニューにオープンした。

「ファッション感度の高い方が集い、日本から輸入する日本サイズの服に体のラインが合う方が多いこともあり、ここロサンゼルスを出店場所に決めました」と話すのは2nd STREETの馬郡誠也/Magori Seiyaさん。

「この周辺にはBuffalo Exchangeの様な競合となるリユースショップがいくつもありますが、私達は競合が店舗展開をしているところを敢えて選んで出店しようと決めていたんです。リユースや売り買いをする方が多い、既にマーケットが確立されている場所ですよね。その中で、日本ブランドのものを販売するという点で他と差別化を図っていけると思っています。」

ファッションスタイルごとに並べられた商品

ファッションに感心の高い若者が集うこの場所で日本ブランドを打ち出して勝負に出る。
「日本で500店舗を展開しているので、様々な種類の豊富な在庫を持っています。その中からアメリカで人気が出るものを選んで輸入することが出来るという強みもありますね。」

しかし、実際に店舗をオープンするまでは苦労したという。
「日本では場所を決めてから約2ヶ月くらいで新店舗をオープンすることができるのですが、この店舗をオープンするまでは1年半を要しました。売り買いが発生するので特に法律面などでは大変でしたね。」

時計やアクセサリーなども取り扱っている

「申請中は販売はできないのですが店舗はすでにあったので、その期間を使って道行く人にリサーチを行ったんです。例えば、値段帯や商品の見せ方、店内の照明の明るさまで様々な角度から実際の声を集めました。その結果、最初に考えていたものと違う需要があることも分かりました。最初はファッションスタイルごとの商品のゾーニングを考えていたのですが、いろいろスタイルを楽しみたいという意見などもあり、ブランドごと値段ごとの区分に変更しました。実際にオープンしてからも予想と違うことがたくさんありますので、現地お客様の声に耳を傾けて変化していくことが大切だと思っています。」

「店舗スタッフのファッションも来店する方の楽しみにしていただきたい」と馬郡さん

最後に今後の展望を伺った。
「まずは2nd STREETという名前を認知してもらうことですね。そのためには実際に来店して商品を買っていただき、そして方の口コミで他のお客様にも知っていただく。来年の春までに3店舗まで増やしていこうと現在動いている段階です。まずはロサンゼルスを中心に、そしてその後はカリフォルニア州以外の州でも展開していきたいです。2nd STREETに足を運んでいただいた皆さまに、ファッションをさらに楽しんでいただければ嬉しいです。」

2nd STREET USA, Inc.
■住所:7560 Melrose Avenue, Los Angeles, CA 90046

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-6-1

    2017 知っておくべき アメリカ移民法最新事情

    永住権を失効させないための注意点は? 質問者:永住権保持者 取り消されるこ...
  2. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  3. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  4. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  5. 2017-7-1

    3人の起業家たち それぞれのサクセスストーリー

    コツコツ取り組んでいれば チャンスは必ず訪れる Maruhide Marine Pr...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る