ラスベガスシティFCが
First-Mover Foundationと業務提携

2018年から一般財団法人First-Mover Foundation(本社:大阪、以下:FMF)が、プロサッカーチームのラスベガスシティFCの経営に参入することが決まった。今回の業務提携を通じ、FMFによるラスベガスシティFCへの出資、日本やヨーロッパのクラブとの交流促進が行われる。

ラスベガスシティFCオーナーのラファエル・モレノ氏は「これまでは中南米のコネクションを活用し、クラブのブランディングや強化を図ってきた。First-Mover Foundationと手を組むことにより、日本はもちろんヨーロッパの名門クラブとの関係も強化していきたい」とコメント。

また、FMF×ラスベガスシティFC プロジェクトマネージャーの宮代幸輝氏(写真右)は「今回のパートナーシップにより、挑戦しながら学ぶことができる機会が得られたことを非常に嬉しく思う。ラスベガスシティFCでの経験を通して、世界に挑戦する若者が沢山出てくることを期待している」と述べた。

ラスベガスシティFCには2017年から日本人で唯一、元J2ロアッソ熊本の田島翔選手(写真左)が所属しており、2018年からさらに3年契約を結んだ。田島選手は「1年でここまでの輪が広がったのはとても嬉しい。ラスベガスをサッカーで盛り上げたいと思っていたし、日本とラスベガスの交流が始まることを考えるとワクワクが止まらない。去年はグランド内外でクラブに貢献できたと自負しているが、今年は去年以上の結果を残したいと思う」と抱負を語った。

ラスベガスシティFCはMLS(メジャーリーグサッカー)参入を目指し、2016年設立。米4部相当リーグのUPSL(ユナイテッドプレミアサッカーリーグ)所属。

First-Mover Foundationホームページ:https://fmf.or.jp/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  2. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  3. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  4. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  5. 2017-8-1

    必勝ガイド 就職&転職

    2017年の米国就職市場 US JOB MARKET  就職活動と一口にいっても、日...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る