【レポート】ロサンゼルスでJapanese Food Festivalを開催

2018年3月2・3日、ロサンゼルス・ダウンタウンのIntercontinental Hotelで日本の食材を世界へアピールする「Japanese Food Festival」が開催された。

当日、会場には約50ものブースが出展。アメリカで商品展開する食品メーカーやディストリビューターをはじめ、四国の高知県や四万十、宮城県石巻、兵庫などからも多数出展があった。それぞれのブースでは、その地ならではの名産品や最前線の日本食を多くの人々に知ってもらおうと試食コーナーが設けられ、来場者の関心を引いた。

2日(金)には、会場の中央に設置された舞台で巨大な巻き寿司を作るデモンストレーションを実施。多くの来場者が見物に集まり、写真や動画に収める姿が目立った。その後、小さく切り分けられた巻き寿司の試食には長蛇の列も。そのほかラーメンや日本酒、お好み焼きの試食などが人気を集めた。

巨大な巻き寿司を切る職人たち

会場には日本の旅行地を紹介するブースも

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  2. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...
  3. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  4. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  5. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る