ニューヨーク育英学園でオープンハウスを実施

日本語による幼小一貫教育を行うニュージャージー州イングリウッドクリフスのニューヨーク育英学園では、6月3日に全日制小学部・幼児部の授業を一般に公開するオープンハウスを実施。小学校1年から6年、幼稚園年少から年長までの午前中のすべてのクラスを自由に参観できる。参観時間は幼児部が9時〜10時25分、小学部が10時40分〜12時20分。

当日はマンハッタンから学園への送迎スクールバスも運行される。乗降場所は全部で4箇所。東側は39ストリート(レキシントンアベニューとの交差点)と96ストリート(1と2アベニューの間)、西側は③レンズアカデミー前(103ストリート・ウェストエンド)と96ストリート(ウエストエンドとの交差点)。帰りは小学部参観終了後の12時30分に学園出発となる。利用希望者は5月25日までに学園事務局まで。

同学園では体験入園も随時受け付けている。詳細は学園ウェブサイトjapaneseschool.orgを参照。

■問い合わせ:学園事務局 201-947-4832

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-5-4

    トピックス もしかしてノイローゼ? 7つの前兆

    集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...
  2. 2019-1-17

    GK Design International Incorporatedアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州ガーデングローブにオフィスを構えるGK Design International...
  3. 2017-8-3

    片渕 須直 「戦争は非常に大きな力で、 人の可能性の目をつんでしまうもの」

     昨年、日本で公開された時から待ち望んでいた映画がある。18歳で嫁いだ主人公すずの戦前と戦時...
  4. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  5. 2017-1-2

    睡眠の質を追求するマットレス ベッド文化のアメリカで勝負賭ける

    なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る