ニューヨーク育英学園でオープンハウスを実施

日本語による幼小一貫教育を行うニュージャージー州イングリウッドクリフスのニューヨーク育英学園では、6月3日に全日制小学部・幼児部の授業を一般に公開するオープンハウスを実施。小学校1年から6年、幼稚園年少から年長までの午前中のすべてのクラスを自由に参観できる。参観時間は幼児部が9時〜10時25分、小学部が10時40分〜12時20分。

当日はマンハッタンから学園への送迎スクールバスも運行される。乗降場所は全部で4箇所。東側は39ストリート(レキシントンアベニューとの交差点)と96ストリート(1と2アベニューの間)、西側は③レンズアカデミー前(103ストリート・ウェストエンド)と96ストリート(ウエストエンドとの交差点)。帰りは小学部参観終了後の12時30分に学園出発となる。利用希望者は5月25日までに学園事務局まで。

同学園では体験入園も随時受け付けている。詳細は学園ウェブサイトjapaneseschool.orgを参照。

■問い合わせ:学園事務局 201-947-4832

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-4-1

    諦めない! アメリカでの日本語教育

     アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...
  2. 2017-6-3

    デイヴ・バウティスタ 「俺は寿司ジャンキー」?!

     プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  3. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  4. 2017-9-1

    第7回 「製粉の街と医療の街」 ミネソタ州

    店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  5. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る