JAL新たに国際線中長距離ローコストキャリアの設立を決定

JALは新たに国際線の中長距離LCC(ローコストキャリア)(以下、「新会社」)を設立することを決定した。中期経営計画2017-2020で掲げている「事業領域を拡げる、新たな領域」の事業の一つとして日本を発着する国際線の中長距離LCCモデルにより、新たな選択肢を提供する。

新会社は、成田国際空港を拠点としてアジア・欧米などの中長距離国際線に就航するJALの連結子会社とする予定。当初2機のボーイング787-8型機を使用し、成田国際空港の機能強化が予定される2020年のサマースケジュールでの就航を目指して諸準備を開始する。

JALは、これまで、フルサービスキャリア事業を磨き上げるとともに、国内および国際線短距離路線を運航するジェットスタージャパンに出資してきた。価値観が多様化するニーズにさらに応える環境を整えるため、既に展開しているジェットスタージャパンに加えて、中長距離路線を運航するLCC新会社を展開する。

新会社は、「2017~2020年度JALグループ中期経営計画ローリングプラン2018」で掲げた「グランドデザイン」の一部として、訪日外国人をはじめ日本の交流人口の増加を促進するサポートするとともに、2021年度以降のJALの次の成長へつなげる。

<新会社の概要>

  • 商号: 今後決定
  • 設立時期: 準備会社を2018年7月に設立予定
  • 拠点空港: 成田国際空港
  • 事業内容: 航空運送事業(アジア・欧米などの中長距離を主眼とした国際線)
  • 使用機材: ボーイング787-8型機
  • 資本金・出資額: 今後決定 (JAL連結子会社とする方針) ※ビジネス機会拡大のため、JAL以外の出資者を募る可能性あり
  • 代表者: 新会社設立時に決定

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-3-5

    最終回 ワインの常識と非常識

     このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...
  2. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  3. 2017-9-3

    第56回 日本のナチュラルワイン人気について

    日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  4. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...
  5. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る