JAL新たに国際線中長距離ローコストキャリアの設立を決定

JALは新たに国際線の中長距離LCC(ローコストキャリア)(以下、「新会社」)を設立することを決定した。中期経営計画2017-2020で掲げている「事業領域を拡げる、新たな領域」の事業の一つとして日本を発着する国際線の中長距離LCCモデルにより、新たな選択肢を提供する。

新会社は、成田国際空港を拠点としてアジア・欧米などの中長距離国際線に就航するJALの連結子会社とする予定。当初2機のボーイング787-8型機を使用し、成田国際空港の機能強化が予定される2020年のサマースケジュールでの就航を目指して諸準備を開始する。

JALは、これまで、フルサービスキャリア事業を磨き上げるとともに、国内および国際線短距離路線を運航するジェットスタージャパンに出資してきた。価値観が多様化するニーズにさらに応える環境を整えるため、既に展開しているジェットスタージャパンに加えて、中長距離路線を運航するLCC新会社を展開する。

新会社は、「2017~2020年度JALグループ中期経営計画ローリングプラン2018」で掲げた「グランドデザイン」の一部として、訪日外国人をはじめ日本の交流人口の増加を促進するサポートするとともに、2021年度以降のJALの次の成長へつなげる。

<新会社の概要>

  • 商号: 今後決定
  • 設立時期: 準備会社を2018年7月に設立予定
  • 拠点空港: 成田国際空港
  • 事業内容: 航空運送事業(アジア・欧米などの中長距離を主眼とした国際線)
  • 使用機材: ボーイング787-8型機
  • 資本金・出資額: 今後決定 (JAL連結子会社とする方針) ※ビジネス機会拡大のため、JAL以外の出資者を募る可能性あり
  • 代表者: 新会社設立時に決定

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-12-3

    HOWDY!!!

    HOWDY!!! 皆様、サンクスギビング・ホリデーも終わり、あっという間に12月がやってきまし...
  2. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  3. 2016-11-23

    海外在住日本人は購入できない! 「ジャパン・レール・パス」の利用資格が一部変更

    JRグループは観光目的で日本を訪れる外国人旅行者が、日本中を鉄道で旅行できる「ジャ...
  4. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  5. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る