NYの日本ギャラリーで「祝いを彩る 日本・佐賀の染色展」開催

ニューヨークにある日本ギャラリーで、6月14〜20日に佐賀県の染色作品を紹介する展覧会が開催される。

本展の主催者は、100年以上前から五月幟や半纏などの染物を製作してきた城島旗染工の4代目であり、「日本・佐賀の染色を広める会」代表でもある城島守洋氏。日本の染色文化を海外に広めたいとの思いから、14年前にはイタリア・ミラノで、7年前にはトルコ・イスタンブールで展覧会を開催。そして今回、3回目の海外展をニューヨークで開催する。

祝いを彩る染色は、総じて男の子の成長を見守る端午の節句の武者幟や、正月や豊作を祝う神社幟、また大漁を祝う進水式の旗など、神事の式典に使われる。本展では神事と伝統文様を融合し、デザインにアレンジした幟や半纏、タペストリーなど90点以上を展示。ジャパンスタイル・アジアンカラーと題した大胆な図柄と鮮やかな色彩、そして染色技法にこだわる独創的な作品群だ。

「ジャパンスタイル」とは、布を通して日本の伝統を海外の方々に知ってもらえればという「日本・佐賀の染色を広める会」のテーマであり、心意気だと城島氏は話す。

本展で展示される作品は、昔ながらの染色技法「本染め」による染色作品と、シルクスクリーンの型プリントと「本染め」の混合手法による作品。「本染め」とは、のりで模様を描き、刷毛でむらなく染め、乾燥したらのりを洗い流すという手間と時間がかかるものだ。熟練した職人たちが丁寧に仕上げ、世界に一本の幟が完成する。城島氏は「伝統文化を守るため、手作業にこだわりたい」と話す。

■開催日時:2018年6月14日(木)~20日(水)火〜金曜10:00am–6:00pm、土曜10:00am–5:00pm
■開催場所:日本ギャラリー(日本クラブ内 145 West 57th street, New York, NY 10019)
■入場料:無料
■問い合わせ:Tel 212-581-2223 E-mail info@nipponclub.org
■詳細:www.nipponclub.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  2. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  3. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  4. 2018-12-13

    Tajima America Corporationアメリカのビジネスは、今

    多頭式刺繍機の総合メーカーTajima America Corporationのプレジデント富永稔さ...
  5. 2018-1-5

    永住権保持者の子どもが日本で生まれたら?

    アメリカに住んでいる永住権保持者が、アメリカを数カ月離れる必要があり、米国外で子どもを産むこ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る