NY国際映画製作者映画祭で
『Behind THE COVE』が審査員特別賞を受賞

5月29日(火)にニューヨークで開催されたInternational Filmmaker Festival of New Yorkで、八木景子監督による捕鯨問題の反証映画『Behind THE COVE』がHonorable Mention(審査員特別賞)を受賞した。同映画祭はSocial Issue(社会問題)のテーマに特化した映画祭で、社会問題をテーマにした世界中の映画のなかから選出された。

今回の受賞で『Behind THE COVE』は、これまで知らなかった捕鯨に関する歴史的背景を伝えており、教育的な側面があることなどが評価された。当日、観客の中には反捕鯨活動家もおり、「イルカを殺す場面を見たことがあるか」との質問を受けた八木監督は、「反捕鯨団体から見せてもらった。イルカやクジラに限らず、どの動物が殺されても辛い。『ザ・コーヴ』はイルカの屠殺シーンを出すのならば、ほかの動物の屠殺シーンを同様に出さない方がおかしい」と回答。また、作品の舞台となっている和歌山県出身の在米日本人なども来場していた。

同映画はNETFLIXでも公開されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-10-8

    第143回 旅行保険について

     旅行の際に大変役に立つ保険を紹介します。Travel Insurance, Trip In...
  2. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...
  3. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  4. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  5. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る