NY国際映画製作者映画祭で
『Behind THE COVE』が審査員特別賞を受賞

5月29日(火)にニューヨークで開催されたInternational Filmmaker Festival of New Yorkで、八木景子監督による捕鯨問題の反証映画『Behind THE COVE』がHonorable Mention(審査員特別賞)を受賞した。同映画祭はSocial Issue(社会問題)のテーマに特化した映画祭で、社会問題をテーマにした世界中の映画のなかから選出された。

今回の受賞で『Behind THE COVE』は、これまで知らなかった捕鯨に関する歴史的背景を伝えており、教育的な側面があることなどが評価された。当日、観客の中には反捕鯨活動家もおり、「イルカを殺す場面を見たことがあるか」との質問を受けた八木監督は、「反捕鯨団体から見せてもらった。イルカやクジラに限らず、どの動物が殺されても辛い。『ザ・コーヴ』はイルカの屠殺シーンを出すのならば、ほかの動物の屠殺シーンを同様に出さない方がおかしい」と回答。また、作品の舞台となっている和歌山県出身の在米日本人なども来場していた。

同映画はNETFLIXでも公開されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-10-1

    「夢はたくさんあり過ぎて どれかひとつは選べない」

     この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  2. 2017-6-1

    日本文化の素晴らしさ 日本人の心の在り方を伝えたい

     全米公開に先駆け、5月8日にハリウッドのエジプシャンシアターで開催された映画「たた...
  3. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  4. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...
  5. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る