象印アメリカ
お手入れが簡単でサビに強いマイコン沸とう電動ポットを新発売

象印アメリカが、マイコン沸とう電動ポット(CD-WHC40)を新発売した。同商品は、手入れが簡単なクリアコートステンレスボディと、ニオイやよごれが付きにくくサビに強いステンレス内容器を搭載したもの。ほかの象印沸とう電動ポットはフッ素加工内容器を採用しているが、同製品はフッ素加工不使用のステンレス内容器を搭載しているのがポイントだ。

いつでも手軽に湯を沸かして給湯できる同製品は、用途によって使い分けることができる「4段階保温温度設定」(160˚F、175˚F、195˚F、208˚F)を採用。緑茶は175˚Fが抽出に最適な温度とされているが、そのほかにもさまざまな種類のお茶を、それぞれ最適な温度で淹れることができる。また大容量の135oz.タイプなので、たっぷりお湯が使えるのも嬉しい。

湯が沸いたらすぐに電源が切れてしまう電気ケトルとは違い、象印の沸とう電動ポットは沸いた後も保温しておくことが可能。また、設定した温度で湯を沸かすことができるので、沸とうした後に温度が下がるのを待たずして、すぐにお茶を淹れることができる。そのほか消費電力を節約できる5段階節約タイマー(6〜10時間)や、温度が一目で分かるLCDパネル、残量を確認しやすい水量計、ゆっくり少量ずつ給湯できる「カフェドリップ給湯」も採用。

すべての象印製品が安全性にこだわって設計されているように、本製品も空だきを検知して自動的に電源をオフにする「マイコン空だき防止」や、湯を注がないときにはロックする「自動給湯ロック」などの安全機能も搭載されている。

詳しい商品情報はこちら:https://www.zojirushi.com/app/product/cdwhc_jp

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  2. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  3. 2017-7-2

    第105回 対犬タイプ

    散歩中に、前方から初対面の犬と飼い主が全速力で走り寄って来て、どきどきした飼い主もいるでしょ...
  4. 2015-7-20

    冷やし中華 冷しゃぶサラダ

     暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲を...
  5. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る