象印アメリカ
お手入れが簡単でサビに強いマイコン沸とう電動ポットを新発売

象印アメリカが、マイコン沸とう電動ポット(CD-WHC40)を新発売した。同商品は、手入れが簡単なクリアコートステンレスボディと、ニオイやよごれが付きにくくサビに強いステンレス内容器を搭載したもの。ほかの象印沸とう電動ポットはフッ素加工内容器を採用しているが、同製品はフッ素加工不使用のステンレス内容器を搭載しているのがポイントだ。

いつでも手軽に湯を沸かして給湯できる同製品は、用途によって使い分けることができる「4段階保温温度設定」(160˚F、175˚F、195˚F、208˚F)を採用。緑茶は175˚Fが抽出に最適な温度とされているが、そのほかにもさまざまな種類のお茶を、それぞれ最適な温度で淹れることができる。また大容量の135oz.タイプなので、たっぷりお湯が使えるのも嬉しい。

湯が沸いたらすぐに電源が切れてしまう電気ケトルとは違い、象印の沸とう電動ポットは沸いた後も保温しておくことが可能。また、設定した温度で湯を沸かすことができるので、沸とうした後に温度が下がるのを待たずして、すぐにお茶を淹れることができる。そのほか消費電力を節約できる5段階節約タイマー(6〜10時間)や、温度が一目で分かるLCDパネル、残量を確認しやすい水量計、ゆっくり少量ずつ給湯できる「カフェドリップ給湯」も採用。

すべての象印製品が安全性にこだわって設計されているように、本製品も空だきを検知して自動的に電源をオフにする「マイコン空だき防止」や、湯を注がないときにはロックする「自動給湯ロック」などの安全機能も搭載されている。

詳しい商品情報はこちら:https://www.zojirushi.com/app/product/cdwhc_jp

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-12-7

    大人のたしなみ 日本酒のススメ

    日本酒とは 日本酒は「米、米麹、水を原料として発酵させてこしたもの」で、かつ「アルコール度...
  2. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  3. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  4. 2018-11-21

    H&X Technologies, Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるH&X Technologies, Inc.のC...
  5. 2017-12-1

    帰国準備

    引越しは仕分けが重要 辞令が出たら即仮予約を 日本への帰任辞令が出た時に、帰国準備は何から始...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る