全米日系人博物館
常設展「コモン・グラウンド」を一部リニューアル

全米日系人博物館は、1988年の「市民の自由法」の制定から30周年を迎えるのを記念し、常設展「コモン・グラウンド-コミュニティの心(Common Ground: The Heart of Community)」の最終セクションをリニューアル。2018年8月4日(土)にオープンする。

「市民の自由法」は、日系人の強制収容に対する連邦政府の謝罪と、生存する元収容者に対して一人あたり2万ドルの保証を定めたもの。長く沈黙を保っていた日系人社会が公民権運動などに影響を受け、70年後半からリドレス運動(国家賠償請求運動)が活性化し、1988年8月10日、当時のロナルド・レーガン大統領が署名して成立した。

リニューアルオープンする「コモン・グラウンド」の最終セクションは、このリドレス運動を紹介するもの。8月4日から9月23日にはワシントンDCにある国立公文書館所蔵の「市民の自由法」の一部が期間限定で展示される。

そのほか、「市民の自由法」成立に尽力した人物の対談や、展示ツアー、特別展など、関連イベントが8月4日以降実施される。

■詳細:http://www.janm.org/exhibits/commonground/

Japanese American National Museum
100 N. Central Ave., Los Angeles, CA 90012

入館料:大人 12ドル、シニア(62歳以上) 6ドル、学生・6〜17歳 6ドル、5歳以下 無料
詳細:http://www.janm.org/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...
  2. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...
  3. 2017-11-2

    新しい90日ルールに要注意!

     2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...
  4. 2016-5-27

    ガラパゴスの旅〜前編

    1日目 キト ↓ バルトラ島 ↓ サンタクルス島  飛行機がバルトラ空...
  5. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る