全米日系人博物館
常設展「コモン・グラウンド」を一部リニューアル

全米日系人博物館は、1988年の「市民の自由法」の制定から30周年を迎えるのを記念し、常設展「コモン・グラウンド-コミュニティの心(Common Ground: The Heart of Community)」の最終セクションをリニューアル。2018年8月4日(土)にオープンする。

「市民の自由法」は、日系人の強制収容に対する連邦政府の謝罪と、生存する元収容者に対して一人あたり2万ドルの保証を定めたもの。長く沈黙を保っていた日系人社会が公民権運動などに影響を受け、70年後半からリドレス運動(国家賠償請求運動)が活性化し、1988年8月10日、当時のロナルド・レーガン大統領が署名して成立した。

リニューアルオープンする「コモン・グラウンド」の最終セクションは、このリドレス運動を紹介するもの。8月4日から9月23日にはワシントンDCにある国立公文書館所蔵の「市民の自由法」の一部が期間限定で展示される。

そのほか、「市民の自由法」成立に尽力した人物の対談や、展示ツアー、特別展など、関連イベントが8月4日以降実施される。

■詳細:http://www.janm.org/exhibits/commonground/

Japanese American National Museum
100 N. Central Ave., Los Angeles, CA 90012

入館料:大人 12ドル、シニア(62歳以上) 6ドル、学生・6〜17歳 6ドル、5歳以下 無料
詳細:http://www.janm.org/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-6-3

    第69回 APをめぐる攻防

    高校も3年目になると「AP」クラスなるものが登場する。APとはAdvanced Placem...
  2. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  3. 2016-12-1

    シーズン到来! とっておきのギフトアイデア20選

    Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  4. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  5. 2018-4-3

    シモーン・きみか・ホリディ イーグルス盛り上げるNFLチアリーダー

     スポーツの枠を超えて、アメリカの国民的イベントとしての地位を築いているスーパーボウル。NF...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る