全米日系人博物館
常設展「コモン・グラウンド」を一部リニューアル

全米日系人博物館は、1988年の「市民の自由法」の制定から30周年を迎えるのを記念し、常設展「コモン・グラウンド-コミュニティの心(Common Ground: The Heart of Community)」の最終セクションをリニューアル。2018年8月4日(土)にオープンする。

「市民の自由法」は、日系人の強制収容に対する連邦政府の謝罪と、生存する元収容者に対して一人あたり2万ドルの保証を定めたもの。長く沈黙を保っていた日系人社会が公民権運動などに影響を受け、70年後半からリドレス運動(国家賠償請求運動)が活性化し、1988年8月10日、当時のロナルド・レーガン大統領が署名して成立した。

リニューアルオープンする「コモン・グラウンド」の最終セクションは、このリドレス運動を紹介するもの。8月4日から9月23日にはワシントンDCにある国立公文書館所蔵の「市民の自由法」の一部が期間限定で展示される。

そのほか、「市民の自由法」成立に尽力した人物の対談や、展示ツアー、特別展など、関連イベントが8月4日以降実施される。

■詳細:http://www.janm.org/exhibits/commonground/

Japanese American National Museum
100 N. Central Ave., Los Angeles, CA 90012

入館料:大人 12ドル、シニア(62歳以上) 6ドル、学生・6〜17歳 6ドル、5歳以下 無料
詳細:http://www.janm.org/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2015-6-5

    “Live Your Dream” 「夢を生きる テイラー・アンダーソン物語」レジー・ライフ監督に聞く

     東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  2. 2017-4-3

    身体をほぐして痛みをなくす 天城流湯治法

     普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  3. 2018-2-1

    忙しいあなたに コンビニエントフード

    茹でたパスタに絡めるだけ たらこ、明太子など4つの味 〜スパゲッティソース/S&B ...
  4. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  5. 2018-3-5

    最終回 ワインの常識と非常識

     このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る