ニューヨークで「絞りと藍染めのエキジビション」開催

東京の郊外で営まれている藍染絞り工房「端緒庵」が、日本の伝統技法である絞りと藍染めの魅力を伝えるべく、ニューヨークの日本国総領事館で展覧会を開催する。

端緒庵は、名古屋の伝統工芸である有松絞りの伝統的な技法を中心に、日本の古い着物や家屋、生活必需品に見られるさまざまな種類の紋様の美を追求する工房。伝統を守りつつ、現代生活にふさわしいようにと発展した幾何学的な紋様を取り入れ、より良い作品づくりを行っている。

今回の展示会では有松絞りの代表的な技法を使ったものを見られるほか、「手蜘蛛絞り」「三浦絞り」といった手仕事の実演も実施される。メイン展示となるのが、長谷川千嘉さんによる作品。そのほかにも多数の作品が出展される。

絞りと藍染めのエキジビション
■開催期間:2018年8月2〜7日 ※土・日曜休
■開催場所:在ニューヨーク日本国総領事館18階 広報ギャラリー
(299 Park Avenue, New York, NY 10171)
※入館の際に写真付き身分証明書が必要。
■端緒庵ホームページ:https://sites.google.com/site/tanshoan/home

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-4-2

    ハリウッドで活動開始! プロボクサー 高野人母美さん

    自分で決めたい  アメリカ移住の理由は人それぞれで、準備にはそれなりの時間が必要だ。し...
  2. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  3. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  4. 2017-9-2

    第60回 夏休みの課題本

    「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  5. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る