和歌山の柿「刀根早生」が今年もアメリカで発売

今年も柿のおいしい季節がやってきた。昨年10月に日本産柿のアメリカへの輸出が解禁され、今年1月には和歌山県産の富有柿が日本から初めてアメリカへ輸出され、ロサンゼルスの日系スーパーに並んだ。これらの柿は3日間で完売。

今年は、同じく和歌山県産柿の主力商品である「刀根早生」がアメリカ向けに輸出される。カリフォルニア州のロサンゼルスとサンフランシスコ、そしてハワイのホノルルなどのスーパーで販売される。また、現地のレストランシェフを対象としたセミナーなども開催される予定だ。

柿販売のロケーション
10月下旬から11月上旬にかけて、以下の店舗で販売される。

■ロサンゼルス
Mitsuwa Market Place、Marukai Market、Nijiya Market、Seiwa Market、H-Mart

■サンフランシスコ
Mitsuwa Market Place、Marukai Market、Nijiya Market、Suruki Super Market、Super Mira、Oto’s Japan Food、Marina Food、99 Ranch Market、H-Mart、Kukje Market

■ホノルル
日系スーパーマーケット

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-11-2

    新しい90日ルールに要注意!

     2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...
  2. 2017-1-2

    睡眠の質を追求するマットレス ベッド文化のアメリカで勝負賭ける

    なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  3. 2016-4-26

    ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに 『Harry Potter』のテーマパークがオープン

     フロリダのユニバーサル・スタジオ、日本のユニバーサル・スタジオに遅れること2年、本家...
  4. 2019-1-15

    Muginoho International, Inc.アメリカのビジネスは、今

    サクサクのシュー皮のシュークリームが人気のビアードパパをアメリカで出店しているMuginoho In...
  5. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る