和歌山の柿「刀根早生」が今年もアメリカで発売

今年も柿のおいしい季節がやってきた。昨年10月に日本産柿のアメリカへの輸出が解禁され、今年1月には和歌山県産の富有柿が日本から初めてアメリカへ輸出され、ロサンゼルスの日系スーパーに並んだ。これらの柿は3日間で完売。

今年は、同じく和歌山県産柿の主力商品である「刀根早生」がアメリカ向けに輸出される。カリフォルニア州のロサンゼルスとサンフランシスコ、そしてハワイのホノルルなどのスーパーで販売される。また、現地のレストランシェフを対象としたセミナーなども開催される予定だ。

柿販売のロケーション
10月下旬から11月上旬にかけて、以下の店舗で販売される。

■ロサンゼルス
Mitsuwa Market Place、Marukai Market、Nijiya Market、Seiwa Market、H-Mart

■サンフランシスコ
Mitsuwa Market Place、Marukai Market、Nijiya Market、Suruki Super Market、Super Mira、Oto’s Japan Food、Marina Food、99 Ranch Market、H-Mart、Kukje Market

■ホノルル
日系スーパーマーケット

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  2. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...
  3. 2017-11-7

    第62回 STEM専攻と大学合否の決め手

     ニナが通う高校の講堂で、「STEMと大学進学」をテーマにした保護者向けの講演会が開催された。STE...
  4. 2018-4-1

    諦めない! アメリカでの日本語教育

     アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...
  5. 2017-9-3

    第154回 生命保険に加入しない理由?

    今までにも何度も紹介していますが、生命保険は誰にとっても必要な保険です。多数の顧客と話をした...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る