マツダ「MX-5 MIATA」を商品改良
走りの楽しさをさらに追求

マツダの2019「MX-5 Miata」が販売開始となった。昨年のモデルから出力性能を17%高め、燃費性能を向上させたSKYACTIV-G 2.0-liter engineを搭載。マツダの設計思想である人馬一体に基づいて多くの改良が重ねられ、これまで以上に人間の感覚にあった上質にして乗り心地の良いクルマとなった。

MX-5 Sportの2019年モデルは、低速時の衝突被害を自動ブレーキで軽減するスマート・シティ・ブレーキ・サポート、車線逸脱警報システム(LDWS)、リア・クロス・トラフィック・アラート付きブラインド・スポット・モニタリングの機能を加えたi-ACTIVSENSEスポーツパッケージを提供。またMX-5 Sportに加え、さらに高級感を増したMX-5 Grand Touring、操る楽しさを極めるMX-5 Clubはソフトトップ、MX-5 RFはリトラクタブルハードトップ構造を採用している。

MX-5 Grand Touringには新しく「GT-S Package」が設定され、SKYACTIV-MT 6速マニュアルトランスミッション、フロントショックタワーブレース、リミテッドスリップリアデフ、ビルシュタイン製ダンパーを提供する。2つの上位トリムを持つMX-5 ClubにはSKYACTIV-MTトランスミッションが搭載されており、MX-5 Sportにビルシュタイン製ダンパー、ショックタワーブレース、リミテッドスリップリアデフを採用。MX-5 Grand Touringの走る楽しさをさらに深めた。

米国におけるすべての2019 MX-5モデルは7000rpmで181馬力、4000rpmで151lb-ftトルクの力を生み出すSKYACTIV-G 2.0-リッターエンジンが標準で搭載される。この数値は従来モデル比において出力で26馬力、トルクで3lb-ftの向上となる。

■日本語ウェブサイト:https://ja.mazdausa.com/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  2. 2017-8-3

    片渕 須直 「戦争は非常に大きな力で、 人の可能性の目をつんでしまうもの」

     昨年、日本で公開された時から待ち望んでいた映画がある。18歳で嫁いだ主人公すずの戦前と戦時...
  3. 2018-4-3

    CPTとOPT(アメリカの学生のための労働許可)の違いとは? PART 1

     今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...
  4. 2017-9-1

    Howdy Y’all !!!

    HOWDY!!! 通年を通して過ごしやすいCAと違い、こちらダラスは9月になっても秋の雰囲気...
  5. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る