娯楽用大麻の住民投票も〜合法化めぐり5州で

 大統領選挙が行われる8日、カリフォルニアなど5州では娯楽用マリフアナ(大麻)合法化の是非を問う住民投票も同時に実施される。
 
 CNNによると、娯楽用マリフアナに関する住民投票が行われるのは、加州のほかマサチューセッツ、メイン、アリゾナ、ネバダの5州。またモンタナ、フロリダ、ノースダコタの3州では医療用マリフアナの合法化について住民投票が行われる。
 
 連邦法は依然としてマリフアナを禁止しているが、ここ数年で使用人口は急増し、ギャラップの8月の調査によると、マリフアナ使用経験のある成人はこの3年でほぼ倍に増えた。
 
 医療用マリフアナは既に約半数の州で合法化され、コロラドなど4州とワシントンDCは住民投票の結果を受けて娯楽用マリフアナも解禁した。娯楽用マリフアナの経済効果も指摘されており、推進団体Marijuana Policy Groupによると、コロラドではマリフアナ業界が1万8000人以上のフルタイム雇用を生み、23億9000万ドルの経済活動を生み出したという。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  2. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  3. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  4. 2016-10-2

    シリーズアメリカ再発見㊽ 地球は回っている ハワイ島マウナケアの日の出

     ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  5. 2017-2-4

    第100回 Dear Juliette - 今は亡き愛犬に捧げる手紙 -

     早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る