コンピュータとモニターに省電力の新基準 〜カリフォルニア、2018年から適用

 カリフォルニア州は、コンピュータやモニターの米国内初となる省電力基準の義務付けを14日に正式に決定した。
 
 ロイター通信によると、2018年から段階的に始まる同基準が完全導入されれば、サンフランシスコの全世帯をまかえる規模、金額に換算して年間3億7300万ドルの電力消費を削減できるほか、発電による温室効果ガス(GHG)の排出量も年間70万トン削減できると見込まれる。
 
 多数の技術業界大手を含む約40社が加盟する情報技術工業協議会(ITIC)も同基準を支持している。
 
 カリフォルニアでは現在、コンピュータとモニターの電力消費量が5610ギガワット時(GWh)に上ると見積もられる。その電力消費量は、一般家庭の電気代の約3%、企業利用者では7%を占める。また、その多くはそれらを使っていないときに消費されている。
 
 基準作成に協力した天然資源保護協議会(NRDC) によると、新基準の機器が買い替えによって全般的に普及すれば、電力消費量は約3分の1減少すると見込まれる。
 
 ワークステーションと小型サーバーへの基準適用が2018年1月から始まり、2019年1月からはデスクトップやラップトップ、2019年7月からは17インチ以上のコンピュータ・モニターにも適用される計画だ。
 
 新基準が全米で適用されれば、消費者は年間約22億ドルの電気料金を節約でき、削減できる電力量は石炭火力発電所7つ分に相当すると見積もられる。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  2. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  3. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  4. 2016-11-17

    「この映画を作れば 捕鯨は理解してもらえる、という一心」

     和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...
  5. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る