コンピュータとモニターに省電力の新基準 〜カリフォルニア、2018年から適用

 カリフォルニア州は、コンピュータやモニターの米国内初となる省電力基準の義務付けを14日に正式に決定した。
 
 ロイター通信によると、2018年から段階的に始まる同基準が完全導入されれば、サンフランシスコの全世帯をまかえる規模、金額に換算して年間3億7300万ドルの電力消費を削減できるほか、発電による温室効果ガス(GHG)の排出量も年間70万トン削減できると見込まれる。
 
 多数の技術業界大手を含む約40社が加盟する情報技術工業協議会(ITIC)も同基準を支持している。
 
 カリフォルニアでは現在、コンピュータとモニターの電力消費量が5610ギガワット時(GWh)に上ると見積もられる。その電力消費量は、一般家庭の電気代の約3%、企業利用者では7%を占める。また、その多くはそれらを使っていないときに消費されている。
 
 基準作成に協力した天然資源保護協議会(NRDC) によると、新基準の機器が買い替えによって全般的に普及すれば、電力消費量は約3分の1減少すると見込まれる。
 
 ワークステーションと小型サーバーへの基準適用が2018年1月から始まり、2019年1月からはデスクトップやラップトップ、2019年7月からは17インチ以上のコンピュータ・モニターにも適用される計画だ。
 
 新基準が全米で適用されれば、消費者は年間約22億ドルの電気料金を節約でき、削減できる電力量は石炭火力発電所7つ分に相当すると見積もられる。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  2. 2015-6-5

    “Live Your Dream” 「夢を生きる テイラー・アンダーソン物語」レジー・ライフ監督に聞く

     東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  3. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  4. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  5. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る