5日開幕のCES、参加業界が一段と多様化 〜パソコンや家電の存在感は皆無に

 米消費者技術協会(CTA=Consumer Technology Association)が主催して毎年1月にラスベガスで開かれる国際消費者電子製品見本市(CES=Consumer Electronics Show)が予定通り1月5日に開幕する。
 
 50年前に始まったCESの初期には、トランジスタ・ラジオや白黒テレビが出展された。当時の出展企業は家庭用電化製品メーカーで占められたが、ウォール・ストリート・ジャーナルによると、今回出展企業が属する業界は家電やカメラをはじめ、スマート・ヘアブラシを出展する美容品大手ロレアル(L’Oreal)から自動車大手、クルーズ船メーカーまで10業界以上にまたがる。
 
 250万平方フィートの会場に集まる出展企業数は約3800社、参加者数は約17万人と予想される。
 
 今回のCESの特徴を浮き彫りにするのは、仮想執事(ヴァーチャル・アシスタント)端末や人工知能技術、拡張現実(augmented reality=AR)および仮想現実(virtual reality=VR)、音声制御技術、自動運転車技術、消費者向けロボティクスと指摘される。それらは、2017年の技術市場を牽引すると目される技術でもある。
 
 時事通信によると、CESにことし初めて出展する日産自動車のカルロス・ゴーン社長が5日に基調講演する。ホンダは10年ぶりに参加し、トヨタや韓国現代、欧米勢も最新の自動運転技術を披露する。
 
 【http://www.wsj.com/articles/ces-annual-tech-event-shows-draws-other-industries-1483465295】【http://www.investors.com/news/technology/ai-virtual-assistants-augmented-reality-vie-for-next-big-thing-at-ces/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2015-7-5

    ディズニー・クルーズライン バハマ4泊の旅 後編

    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クル...
  2. 2018-4-3

    CPTとOPT(アメリカの学生のための労働許可)の違いとは? PART 1

     今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...
  3. 2017-11-2

    第9回 「川とチーズとビール」 ウィスコンシン州

    名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  4. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  5. 2018-1-2

    アート、テクノロジー、お金

    LightWave 3Dなどのソフトウエアで知られるコンピューター・グラフィック・ソ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る