5日開幕のCES、参加業界が一段と多様化 〜パソコンや家電の存在感は皆無に

 米消費者技術協会(CTA=Consumer Technology Association)が主催して毎年1月にラスベガスで開かれる国際消費者電子製品見本市(CES=Consumer Electronics Show)が予定通り1月5日に開幕する。
 
 50年前に始まったCESの初期には、トランジスタ・ラジオや白黒テレビが出展された。当時の出展企業は家庭用電化製品メーカーで占められたが、ウォール・ストリート・ジャーナルによると、今回出展企業が属する業界は家電やカメラをはじめ、スマート・ヘアブラシを出展する美容品大手ロレアル(L’Oreal)から自動車大手、クルーズ船メーカーまで10業界以上にまたがる。
 
 250万平方フィートの会場に集まる出展企業数は約3800社、参加者数は約17万人と予想される。
 
 今回のCESの特徴を浮き彫りにするのは、仮想執事(ヴァーチャル・アシスタント)端末や人工知能技術、拡張現実(augmented reality=AR)および仮想現実(virtual reality=VR)、音声制御技術、自動運転車技術、消費者向けロボティクスと指摘される。それらは、2017年の技術市場を牽引すると目される技術でもある。
 
 時事通信によると、CESにことし初めて出展する日産自動車のカルロス・ゴーン社長が5日に基調講演する。ホンダは10年ぶりに参加し、トヨタや韓国現代、欧米勢も最新の自動運転技術を披露する。
 
 【http://www.wsj.com/articles/ces-annual-tech-event-shows-draws-other-industries-1483465295】【http://www.investors.com/news/technology/ai-virtual-assistants-augmented-reality-vie-for-next-big-thing-at-ces/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-3

    第18回 「八百八橋はないけれど」

    東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...
  2. 2016-11-2

    Beauty Special 2016 Fall こだわり美容アイテム

    SHISEIDO 資生堂が、Bio-Performanceからの2つの商品を含む2016年秋の新作...
  3. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  4. 2017-3-4

    カブと豚ひき肉の カレー煮 ミツバと明太子のだし巻き卵

    旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  5. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る