5日開幕のCES、参加業界が一段と多様化 〜パソコンや家電の存在感は皆無に

 米消費者技術協会(CTA=Consumer Technology Association)が主催して毎年1月にラスベガスで開かれる国際消費者電子製品見本市(CES=Consumer Electronics Show)が予定通り1月5日に開幕する。
 
 50年前に始まったCESの初期には、トランジスタ・ラジオや白黒テレビが出展された。当時の出展企業は家庭用電化製品メーカーで占められたが、ウォール・ストリート・ジャーナルによると、今回出展企業が属する業界は家電やカメラをはじめ、スマート・ヘアブラシを出展する美容品大手ロレアル(L’Oreal)から自動車大手、クルーズ船メーカーまで10業界以上にまたがる。
 
 250万平方フィートの会場に集まる出展企業数は約3800社、参加者数は約17万人と予想される。
 
 今回のCESの特徴を浮き彫りにするのは、仮想執事(ヴァーチャル・アシスタント)端末や人工知能技術、拡張現実(augmented reality=AR)および仮想現実(virtual reality=VR)、音声制御技術、自動運転車技術、消費者向けロボティクスと指摘される。それらは、2017年の技術市場を牽引すると目される技術でもある。
 
 時事通信によると、CESにことし初めて出展する日産自動車のカルロス・ゴーン社長が5日に基調講演する。ホンダは10年ぶりに参加し、トヨタや韓国現代、欧米勢も最新の自動運転技術を披露する。
 
 【http://www.wsj.com/articles/ces-annual-tech-event-shows-draws-other-industries-1483465295】【http://www.investors.com/news/technology/ai-virtual-assistants-augmented-reality-vie-for-next-big-thing-at-ces/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-8-9

    リオ・オリンピックへ 米新体操団体代表 アリサ・カノウさん

     新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...
  2. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  3. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  4. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  5. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る