アマゾンのファイヤーTV、テレビに内蔵へ 〜人工知能による音声操作を可能に

 アマゾンのファイヤーTV(Amazon Fire TV)を内蔵した新型テレビが2017年中に発売される見通しだ。同機種は、アマゾンの人工知能アレクサ(Alexa)によって音声操作を可能にする。
 
 ファイヤーTVは、テレビをインターネットに接続させる端末で、アップルTVと競合する製品。
 
 インベスターズ・ビジネス・デイリー紙によると、ウェスティングハウス(Westinghouse)とエレメント(Element)、セイキ(Seiki)が、ファイヤーTVを内蔵しアレクサに対応する新型4Kテレビを生産する計画。それらの3ブランドは、中国のトン・ファン・グローバル(Tong Fang Global)傘下。それらの新型テレビの大きさは43インチから65インチ。
 
 一方、洗濯機や乾燥機で知られるワールプール(Whirlpool)は、音声操作を可能にする家電製品を開発するためにアマゾンと提携し、アレクサに対応した新型製品をことし中に発売する計画を明らかにした。
 
 ワールプールによると、アレクサは洗濯機や乾燥機、オーブン、冷蔵庫をはじめとする家電を音声指示によっていったん停止させたり再開始させたりする機能に応用される。
 
 アマゾンは、エコー(Echo)という製品によって仮想執事端末市場を開拓し、予想以上の売れ行きを記録している。
 
 【http://www.investors.com/news/technology/amazon-fire-tv-to-be-integrated-into-multiple-tv-sets/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  2. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  3. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  4. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  5. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る