アマゾンのファイヤーTV、テレビに内蔵へ 〜人工知能による音声操作を可能に

 アマゾンのファイヤーTV(Amazon Fire TV)を内蔵した新型テレビが2017年中に発売される見通しだ。同機種は、アマゾンの人工知能アレクサ(Alexa)によって音声操作を可能にする。
 
 ファイヤーTVは、テレビをインターネットに接続させる端末で、アップルTVと競合する製品。
 
 インベスターズ・ビジネス・デイリー紙によると、ウェスティングハウス(Westinghouse)とエレメント(Element)、セイキ(Seiki)が、ファイヤーTVを内蔵しアレクサに対応する新型4Kテレビを生産する計画。それらの3ブランドは、中国のトン・ファン・グローバル(Tong Fang Global)傘下。それらの新型テレビの大きさは43インチから65インチ。
 
 一方、洗濯機や乾燥機で知られるワールプール(Whirlpool)は、音声操作を可能にする家電製品を開発するためにアマゾンと提携し、アレクサに対応した新型製品をことし中に発売する計画を明らかにした。
 
 ワールプールによると、アレクサは洗濯機や乾燥機、オーブン、冷蔵庫をはじめとする家電を音声指示によっていったん停止させたり再開始させたりする機能に応用される。
 
 アマゾンは、エコー(Echo)という製品によって仮想執事端末市場を開拓し、予想以上の売れ行きを記録している。
 
 【http://www.investors.com/news/technology/amazon-fire-tv-to-be-integrated-into-multiple-tv-sets/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-6-3

    デイヴ・バウティスタ 「俺は寿司ジャンキー」?!

     プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  2. 2018-2-3

    「日本の文化や技術」を ハリウッドから情報発信

    親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...
  3. 2017-3-4

    第148回 レンタカーを借りる時の保険

     旅行や商用でレンタカーを借りる機会があると思いますが、保険はどうしていますか? 自分の自動車保険が...
  4. 2018-3-5

    最終回 ワインの常識と非常識

     このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...
  5. 2016-12-5

    第20回 「ロゴはポートランドで起業」

    2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る