情報多いのは問題ではない〜米国人の大部分は歓迎

 インターネットには大量のデータや画像があふれているが、ほとんどの米国人は「情報オーバーロード(過多)」の問題を感じていないことが最新調査で分かった。情報オーバーロードは、評論家アルビン・トフラーの1970年のベストセラー「未来の衝撃」によって広まった概念で、入ってくる情報やデータが多すぎて不都合が生じる状態を指す。
 
 ロイター通信によると、ピュー・リサーチ・センターが2016年3〜4月に固定または携帯電話で18歳以上の1520人に尋ねたところ、「入ってくる情報が多すぎて手に余る」と感じている人は20%で、10年前の27%から減少した。75%以上はたくさんの情報を得ることを好み、ほぼ5人に4人は、必要と思われる情報を得るためにインターネットを使うことについて信念を持ち、情報が多いほど自分の生活を管理できていると感じ、どの情報が信用できるか容易に判断できると考えていた。
 
 情報過多に直面していると考える傾向が強いのは、学歴が高卒以下で年収が3万ドル未満の65歳以上のグループ。
 
 自宅のブロードバンド、スマートフォン、またはタブレット型端末でインターネットに接続している人の84%は情報がたくさん得られることを喜んでいる一方、オンラインの情報源を持たない人の55%は得られる情報の多さに圧倒されている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-2

    第97回 The Sato Project

     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...
  2. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3. 2015-6-20

    ディズニー・クルーズライン バハマ4泊の旅 前編

    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クル...
  4. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  5. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る