情報多いのは問題ではない〜米国人の大部分は歓迎

 インターネットには大量のデータや画像があふれているが、ほとんどの米国人は「情報オーバーロード(過多)」の問題を感じていないことが最新調査で分かった。情報オーバーロードは、評論家アルビン・トフラーの1970年のベストセラー「未来の衝撃」によって広まった概念で、入ってくる情報やデータが多すぎて不都合が生じる状態を指す。
 
 ロイター通信によると、ピュー・リサーチ・センターが2016年3〜4月に固定または携帯電話で18歳以上の1520人に尋ねたところ、「入ってくる情報が多すぎて手に余る」と感じている人は20%で、10年前の27%から減少した。75%以上はたくさんの情報を得ることを好み、ほぼ5人に4人は、必要と思われる情報を得るためにインターネットを使うことについて信念を持ち、情報が多いほど自分の生活を管理できていると感じ、どの情報が信用できるか容易に判断できると考えていた。
 
 情報過多に直面していると考える傾向が強いのは、学歴が高卒以下で年収が3万ドル未満の65歳以上のグループ。
 
 自宅のブロードバンド、スマートフォン、またはタブレット型端末でインターネットに接続している人の84%は情報がたくさん得られることを喜んでいる一方、オンラインの情報源を持たない人の55%は得られる情報の多さに圧倒されている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-3

    第18回 「八百八橋はないけれど」

    東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...
  2. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...
  3. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  4. 2016-9-3

    シリーズアメリカ再発見㊻ Healdsburg  花と紅葉のソノマ紀行

     ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  5. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る