世界の半分がネットに接続〜開発途上国は普及に遅れ

 モバイルネットワークの拡大やコストの低下を受けて、先進国を中心に世界人口のほぼ半分が2016年中にインターネットを使うようになったと見られている。
 
 ロイター通信によると、国連は世界のインターネット普及率を20年までに60%に引き上げる目標を掲げているが、16年11月時点でまだ47%で、人口の半分以上に相当する約39億人はネットとつながっていない。国連の通信専門機関である国際電気通信連合(ITU)は、年内に35億人がインターネットへの接続手段を得たと推測している。
 
 最近はスマートフォンの値下がりでネットを利用する人が増え、データを中心とするサービス需要が高まって通信会社やネット接続業者は3Gや4Gなどのネットワークを世界的に拡大している。ただし、先進国と新興国では普及の勢いに大きな開きがあり、先進国では人口の約80%がすでにネットを使っているが、開発途上国では約40%、後発開発途上国(LDC)では15%未満にとどまっている。
 
 特にアフリカの貧しい国などでは10人に1人しかネット接続手段がなく、女性、高齢者、教育水準の低い人、貧困層、辺地に住む人などはネットにつながっていない。
 
 LDCのネット普及率はまだ1998年の先進国の水準に等しく、約20年遅れている。原因はサービスや辺地への基盤設備拡張コストとセルラー式携帯の利用料金の高さにあると考えられる。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...
  2. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  3. 2017-3-2

    第101回 エネルギー

     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  4. 2016-3-25

    流行の兆し!「テマケリア」ブラジル発の手巻き寿司、ミツカンおすすめレシピも紹介

    テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファス...
  5. 2016-11-5

    第167回 洗脳 VSメディア・リテラシー②

    前回、この12年間でアメリカのメディアで一番視聴されているFox Newsは、CNN とMS...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る