風力が米最大の代替電源に〜16年発電量、水力超える

 米国では2016年、風力発電の最大出力が水力発電を上回り、最大の代替エネルギー源となったことが、米国風力エネルギー協会(AWEA)のまとめで分かった。
 
 ロイター通信によると、AWEAの16年10〜12月期市場報告書は、16年末現在の風力発電キャパシティは8万2183メガワット(MW)で、2400万世帯の電力を賄うのに十分な規模になったと報告した。米エネルギー情報局(EIA)がまとめた水力発電の最大出力は約8万MW。16年に増えた風力発電量の約80%(6478MW)は第4四半期に集中しており、12年第4四半期以降で最大の増加となった。通年では8303MWの増加で、138億ドル以上が投資された。
 
 州別の風力発電量はテキサスが首位で、20MW以上拡大し市場の4分の1近くを占めた。2位はアイオワ、3位はカリフォルニアを抜いてオクラホマが躍進した。
 
 第4四半期は米国初の洋上風力発電施設が稼働し、ロードアイランド州沖にブロック・アイランド風力発電所(30MW)が操業を始めた。国内では現在、1万MW以上の風力発電施設が建設中で、その約半分がテキサスに集中している。ニューメキシコでも風力業界が急成長しており、計1300MWに上る建設中の施設が完成すれば、出力が2倍に増加する見通し。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-3-4

    カブと豚ひき肉の カレー煮 ミツバと明太子のだし巻き卵

    旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  2. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  3. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  4. 2017-12-1

    労働許可書申請と同時に ソーシャルセキュリティ番号を取得

    米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  5. 2016-10-1

    「夢はたくさんあり過ぎて どれかひとつは選べない」

     この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る